ホンダセンシングを全車標準化! ホンダN-VANが一部改良で魅力アップ

ホンダセンシングを全車標準化! ホンダN-VANが一部改良で魅力アップ

安全装備充実や新色となるボディカラーを追加

 ホンダは、ビジネスシーンからアクティブな休日まで、さまざまなカーライフをサポートする軽バン「N-VAN」を一部改良し発売した。127万6000円〜187万2200円(税込み)。

【関連記事】【試乗】ホンダN-VANは遊びに使うなら最高の相棒! 軽1BOXを圧倒する走りも魅力

新しくなったN-VAN(イエロー)画像はこちら

 N-VANは2018年に誕生し、仕事やレジャーでの使いやすさ、優れた運動性能と安全性を追求した、新世代の軽バンとして開発された。今回の改良では、従来モデルの魅力はそのままに、新たに安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダセンシング)」を全グレードに標準装備(一部機能は6速MT車には非搭載)とした。

 さらに、GおよびLグレードにも、オートライト/オートハイビームを追加し、機能を向上させている。加えて、+STYLE FUNグレードには、アクティブな雰囲気を演出するフレームレッドとサーフブルーの2色をボディカラーのラインアップに追加。幅広いユーザーのニーズに応える改良となっている。

追加された新色2色画像はこちら

各グレードの税込み価格は下記の通り。

G 127万6000円(FF)/138万7100円(4WD)
L 140万5800円(FF)/151万6900円(4WD)
+STYLE FUN 162万9100円(FF)/176万2200円(4WD)
+STYLE FUN ターボ 173万9100円(FF)/187万2200円(4WD)

画像ギャラリー