オンライン投票でボディカラーを決定! Jeep誕生80周年記念限定車がついに発売

オンライン投票でボディカラーを決定! Jeep誕生80周年記念限定車がついに発売

通常は設定されていないボディカラーで特別感をプラス!

 FCAジャパンは、Jeep誕生80周年を記念した限定車「80thアニバーサリーエディション」をレネゲード、ラングラー&ラングラー・アンリミテッド、チェロキーに設定。2月11日(木)より発売する(レネゲードは4月より)。

 Jeepは1941年に軍用車として誕生。80周年を迎える2021年の特別な1年の始まりを祝うような、特別仕立ての限定車が用意された。ボディカラーは、オンラインでのファン投票によって決定。約4万件の投票があり、これだけでもJeepが愛されていることが伝わるエピソードだ。

 限定車の共通カラーとして設定された、グラナイトクリスタルメタリックC/Cに加え、各モデルのカタログカラーに設定のないボディカラーがラインアップされた。なお、インテリアは全車共通でブラックとなる。

 ボディカラーのみならず、特別アイテムも用意されている。限定モデル専用のエクステリアバッジやグラナイトアクセント付きの18インチアルミホイールをはじめ、初代Jeep Willysのタグ付きレザーシート、80thアニバーサリータグ付きフロアマットが採用されている。クローズドボディのレネゲードとチェロキーには、乗員全員が開放感あふれるドライブを楽しめるデュアルペインパノラミックサンルーフを装備している。

【関連記事】Jeep誕生80周年記念! 限定車4モデルに設定される特別カラーがオンライン投票によって決定

シート画像はこちら

 このほか、各モデルごとの特別装備が用意される。ラングラー/ラングラー・アンリミテッド80thアニバーサリーエディションは、豪華仕様のサハラをベースにしている。エクステリアはダークグレーのアクセント入りフロントグリル&ヘッドライトベゼル、80thアニバーサリースイングゲートプレート、グレー/ブラックカラーのJeep&トレイルレイテッドバッジをプラスする。

ジープ・ラングラー画像はこちら

 インテリアは、80thアニバーサリーセンターコンソールバッジが備わっている。ラングラーは2ドアとなり、現行モデルで初導入となる、ベース車もスペシャルな仕様である。メーカー希望小売価格(税込み)は、ラングラーが583万円、ラングラー・アンリミテッドが616万円。両車に設定されるカラーと限定台数は下記の通り。

●ラングラー(110台限定)
グラナイトクリスタルメタリックC/C 100台
サージグリーンC/C 10台
●ラングラー・アンリミテッド(350台限定)
グラナイトクリスタルメタリックC/C 110台
サージグリーンC/C 110台
スナッズベリーP/C 80台
ブラックC/C 50台

 チェロキー80thアニバサリーエディションは、上級グレードのリミテッドをベースにしている。エクステリアは、グラナイトクリスタルのフロントグリル&フォグランプベゼル、ドアミラー、グラナイトアクセント付きボディ同色フロントバンパー、ボディ同色のフロントフェイシアおよびホイールフレア、シルモールディング、ダークグレーのルーフレール、ブラックのデイライトオープニングなどが装備されている。

チェロキー画像はこちら

 インテリアは、質感を高めたアノダイズド・ガンメタルインテリアアクセントが採用されており、高級感がアップしている。150台限定で、メーカー希望小売価格(税込み)は522万3000円。採用した特別カラーと限定台数は下記の通り。

グラナイトクリスタルメタリックC/C 90台
ライトブラウンストーンP/C 30台
ダイアモンドブラッククリスタルP/C 30台

 レネゲードも、上級グレードのリミテッドがベース。外装はダークグレーグリルを装備し、インテリアには80thアニバーサリーインストルメントパネルバッジ、グロスブラック・ステアリングホイールベゼル、ブラックヘッドライナーが採用されている。350台限定で、メーカー希望小売価格(税込み)は388万円。設定される特別カラーと限定台数は下記の通り。

レネゲード画像はこちら

グラナイトクリスタルメタリックC/C 110台
スティンググレーC/C 100台
カーボンブラックメタリックC/C 90台
ビキニメタリックC/C 50台

画像ギャラリー


新着情報