新型ホンダ・ヴェゼルがついに公開! 斬新すぎるスタイリングと充実の中身でSUVトップを狙う (1/2ページ)

新型ホンダ・ヴェゼルがついに公開! 斬新すぎるスタイリングと充実の中身でSUVトップを狙う

正式発表は2021年4月の予定だ

 2021年2月18日、フルモデルチェンジするホンダ・ヴェゼルの姿が世界初公開された。

 2013年に誕生した初代ヴェゼルは、グローバルで累計384万台を販売するほどのヒットモデルとなり、日本でも何度も「SUV販売ナンバーワン」の座についた人気モデルであることは今さら説明するまでもないだろう。

 そんなヴェゼルが初のフルモデルチェンジをするにあたり、開発陣が最初に考えたことは「ホンダらしさ」だったという。けっして高級ブランドではなく、身近な大衆モデルを生み出してきた存在であり、それでいてチャレンジングなイメージもあるのがホンダ。そのブランドには独自のワクワク感がある。

 そこで新型ヴェゼルは、クロスオーバーSUVとしての実力を高めることは基本として、より新しい価値観を持つ人々の可能性や行動範囲を“増幅させる”できるクルマとして開発が進められた。グランドコンセプトは『AMP UP YOUR LIFE』、イメージターゲットはジェネレーションCと呼ばれる新しい生活様式を積極的に受け入れるアクティブな世代を想定しているという。

【関連記事】エクリプスクロスPHEV・キックス・C-HR・ヴェゼル!  2021年新春版「電動SUV」を徹底比較で「買い」を探る

グランドコンセプト画像はこちら

 そのためには、従来モデルをそのままブラッシュアップするのではなく、従来モデルの殻を破り、新しい時代にふさわしい価値観を表現する新型ヴェゼルへと進化させる必要がある。そうして生み出されたのが、この斬新なスタイリングだ。

ヴェゼルのエクステリア画像はこちら

 ホンダのクルマを語るとき、「MM思想」という言葉を目にすることが多い。これは初代シビックの時代からホンダのクルマに共通するパッケージングの考え方で、「マンマキシマム・メカミニマム」の略称だ。つまり小さなボディに見えても中は広いというサプライズはホンダの伝統といえる。

画像ギャラリー