値引きはアリ? 競合見積もりは有効? 意外と知らない「新車」とは違う「中古車」の買い方とは

値引きはアリ? 競合見積もりは有効? 意外と知らない「新車」とは違う「中古車」の買い方とは

新車のように大幅値引きが発生するという可能性はほとんどない

 クルマを購入するのは家を買うことに次ぐ大型出費、などとも言われるほどで、少しでも出費を抑えたいと思うのは当然のことだろう。

 とくに新車を購入するときは、値引き交渉をすることが半ば常識となっており、バイヤーズガイド的な記事では「目標値引き額」が記載されていることも珍しくない。

 もちろん、この値引き額は購入するタイミングや販売店側の都合など、さまざまな要因が折り重なって算出されており、同じ車種を購入する場合でもほとんど値引きゼロの場合もあれば、赤字覚悟の大幅値引きとなる場合もあり、交渉する側も難しい行為とも言えるだろう。

【関連記事】どう考えても安すぎ! 「ひと桁万円」もある激安中古車のカラクリと品質の謎

中古車画像はこちら

 ただこの値引きのテクニック、「中古車」を購入するときも通用するものなのだろうか?

 そもそも中古車の価格は、中古車相場から計算されて付けられていることがほとんど。そのため、同じ車種、同じ年式、同じ走行距離といった同程度の中古車であれば、そこまで大きな価格差は存在しない。

中古車のヤード画像はこちら

 そのため、新車のようにタイミングによって大幅値引きが発生するという可能性はほとんどないと言えるだろう。とくに新車の場合は販売目標をクリアするとメーカーから報奨金などが出るシステムが存在しているが、一般的な中古車店では当然ながら報奨金が出ることもないため、損して得取れ的な値引きは有り得ないと言える。

 また、同じような車種で相見積もりを取ったとしても、中古車はそもそも1台1台の状態が異なるため、新車のように完全に同一条件で比べるというのは難しいもの。だから、相見積もりを見せたとしても、値引きが大きくなる可能性は低いだろう。

中古車のカタログ画像はこちら

 前述したように、中古車はそもそもの相場があって店頭価格が付けられているため、相場を下まわるほどの値引きがなされることはほぼないと言っていいだろう。あったとしても端数をカットする程度のハズだ。

 中古車を購入するときもあまりに価格だけに執着してしまうと、とんでもないハズレを引いてしまう可能性もあるので、過度な値引き交渉はせず、車両の状態と価格のバランスを考えて購入したほうが、結果的に得になることも多いのである。

画像ギャラリー