まずはMAZDA3とCX-30が対象! 制御プログラムをアップデートする「マツダスピリットアップグレード」を開始

まずはMAZDA3とCX-30が対象! 制御プログラムをアップデートする「マツダスピリットアップグレード」を開始

既存車をアップデートして機能を向上させるサービスだ

 マツダは、既存モデルに乗っているユーザーに対し、商品性を向上させることを目的とした制御プログラムを最新化させるアップデートサービス「マツダスピリットアップグレード」を開始する。

 まず第1弾として、MAZDA3およびMAZDA CX-30からスタートする。初期型を対象とし、制御プログラムのアップデートをスタートさせた。今回スタートしたのは、下記の3つだ。

【関連記事】【ムービー】夢のエンジン「マツダ スカイアクティブX」を実現できた理由とは? 開発のトップを直撃

CX-30画像はこちら

 ひとつ目は、e-スカイアクティブXエンジン搭載車(2019年11月8日〜11月27日生産車)のオートマチックトランスミッション制御プログラムの変更。素早いアクセル操作に対する応答性とコントロール性の向上、高回転まで気持ちよく伸びるドライビングフィールを進化させて人馬一体をさらに磨き上げる。

 ふたつ目は、クルージング&トラフィックサポート(CTS)搭載車(2019年4月2日〜2020年12月1日までに生産されたCTS搭載モデルが対象)の制御プログラム変更だ。従来の作動上限車速である約55km/hから高速域まで引き上げることで、高速道路や自動車専用道路での渋滞時に運転疲労軽減に貢献してくれる。

 そして3つ目は、マツダ・レーダークルーズコントロール(MRCC)の制御プログラムの変更(2019年3月5日〜2020年8月28日までに生産された全車が対象)。追従走行において、加減速する際の制御を変更し、より人間特性に合わせて滑らかさを向上している。

 2020年11月はMAZDA3、2020年12月はMAZDA CX-30を商品改良し、制御プログラムの最新化により、エンジンと安全技術の性能を向上している。なかでもe-スカイアクティブXエンジンの性能改良は、ユーザーからのフィードバックにより実現。愛用しているオーナーへの感謝の意を込めて、無償で制御プログラムを最新化する。

 対象となるユーザーは、サービスキャンペーン(プログラムアップデート)の案内が届き次第、最寄りの販売店にて制御プログラムの最新化を受けることが可能に。これにより、最新モデルと同等の性能を体感できるようになる。車両を買い換えることなく、最新モデルと同等にアップデートされるのは嬉しい限りだ。

画像ギャラリー