電気代は高い? 急速充電でも速度が違う? オーナーが語るEV「充電」のリアル (2/2ページ)

充電速度は環境によっても左右される!

2)充電の速度は気温やバッテリー残量に影響される

 普通充電においてはゆっくりと充電が進んでいくため、充電時間が環境に左右されることは少ないが、一度に多くの電気を送り込む急速充電では、さまざまな環境によって充電量が変化してしまう。

 たとえば、高速道路のサービスエリアなどに設置されている急速充電器の出力が40kWだとすると、30分間の充電で20kWの充電が可能となる。しかし、実際はそれ以下の数値に留まることが多いのだ。

【関連記事】航続距離の短さなんてネガじゃない! ガソリン車じゃあり得ない電気自動車のメリット4つ

急速充電器画像はこちら

 じつは電気自動車のバッテリーは熱すぎたり、逆に冷えすぎていたりすると充電効率が落ちてしまう。また、満充電に近くなればなるほど充電スピードが落ちるという特性がある。

 そのため、状況によっては予想以上に充電されていなかった……ということも珍しくないのである。

3)自宅での充電は割高?

 日産が大々的にアピールした定額で充電し放題というプランがあったために(現在は廃止)、自宅での充電は損というイメージがあるかもしれないが、深夜帯に電気代が割引なるプランなどを利用すれば、1kWhあたり10円ちょっとで充電することができる。

自宅での充電画像はこちら

 つまり、40kWhのバッテリーを搭載しているリーフであれば、完全に空の状態からでも400円で満タンにすることができるという計算だ。これでWLTCモード電費の322kmは厳しくても、250km以上は走れるだろうから、コストパフォーマンスはハイブリッドカーの比ではない。

NO IMAGE
名前:
小鮒康一
肩書き:
-
現在の愛車:
日産リーフ(2代目)/ユーノス ロードスター/マツダ・ロードスター(2代目) /ホンダS660/ホンダ・オデッセイ(初代)/ 日産パルサー(初代)
趣味:
長距離ドライブ
好きな有名人:
ザ・リーサルウェポンズ

画像ギャラリー


新着情報