約10年で10倍以上の伸び! いまマイナーブランドだった「Jeep」が日本でバカ売れするワケ (1/2ページ)

約10年で10倍以上の伸び! いまマイナーブランドだった「Jeep」が日本でバカ売れするワケ

もはやブームという言葉ではおさまらないほどの人気ぶり

 日本でJeepが売れている。日本輸入車輸入組合によると、2020年の日本国内販売総数は1万3588台となり、前年比では101.7%、また国内輸入車のシェアでは4.27%となった。

 この数が多いのか少ないのか、といえば「とても多い」というのが自動車業界関係者の共通な意見だろう。

 同年の輸入ブランド別の順位で見れば、第1位のメルセデス・ベンツ以下、フォルクスワーゲン、BMW、アウディ、BMW MINI、ボルボとなり、その次にJeepが位置し、プジョー、ポルシェ、ルノー、フィアット、シトロエンなどを抑えているのだから。

【関連記事】不便を愛せてこそガイシャ乗り! 初めて乗ると「驚く」輸入車事情3つ

ラングラー画像はこちら

 長年渡り、日本でアメ車はマイナーであり、アメリカ政府からは再三「非関税障壁を撤廃すべき」といった要求がなされてきたが、Jeepについてはそうした「アメ車に対する固定概念」が良い意味で通用しないといえる。

 日本でJeepの販売数が増えたのは2010年代に入ってからで、2010年代後半から一気に火が付いた印象がある。

チェロキー画像はこちら

 2009年では2020年実績の10分の1以下である1010台に過ぎなかったが、2013年に約5000台、2010年代後半に1万台を超えるようになった。

 2020年はコロナ禍にもかかわらず、緊急事態宣言下での第2四半期こそ前年同月比約33%減となったが、第4四半期には39%増と急激な回復から更なる成長基調を示している。

 こうした日本におけるJeepの実情を見ていると、「もはや一過性のブームではなく、Jeepは日本にしっかりと根をおろした」と見る自動車業界関係者が多い。

レネゲード画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報