ダカールラリーで優勝した本物のパジェロを展示! 三菱本社ショールームにて「ダカールラリー展」を開催中

ダカールラリーで優勝した本物のパジェロを展示! 三菱本社ショールームにて「ダカールラリー展」を開催中

激闘を制したパジェロを間近で見られる貴重な機会!

 三菱自動車は、2020年9月1日にオープンした本社ショールームにて、ダカールラリー展を開催している。当初は5月下旬までの予定だったが、好評により6月下旬まで開催期間が延長となった。

 三菱自動車を身近に感じて頂く事をコンセプトに、最新モデルの展示やカフェなどを展開している。オープン以来、企画展示は初めての試みとなり、その第1弾の展示車に選ばれたのが、2002年に過酷なダカールラリーの市販車改造(T2)クラスに参戦し、増岡 浩さんが初優勝を遂げたマシンそのものである。

【関連記事】【今さら聞けない】自動車の人気ジャンル「SUV」って何?

パジェロ画像はこちら

 過酷なラリーを走破したこのパジェロは、なんと走行可能な状態までレストア&メンテナンスを施してあるという。コロナ禍の影響で走行シーンを披露する機会が設けられないなか、せめて多くの人に見てもらいたいという思いと、歴代のラリー車や昔のパジェロが見たいという来場者の声に応えるべく、この企画展が催されることになった。

インパネ画像はこちら

 やはり三菱自動車=パジェロ、というイメージを持っているという人も多いとのこと。大体的にイベント告知ができないなか、わずかな情報を見つけてパジェロファン、増岡さんのファンが貴重なマシンを見学するためショールームを訪れているそう。なかには、ダカール・ラリーの速報番組をテレビて見て、このパジェロに憧れていたという当時中学生だった来場者が、大人になった今、間近で実物を見られて感動した、というエピソードもあったそうだ。

パジェロのリヤ画像はこちら

 車両展示のほか、歴代のパジェロがダカールラリーに参戦した際の貴重な写真も多数展示。当時の様子などを伝える解説とともに、パジェロの勝利の数々を振り返ることも可能だ。今、多くのファンを魅了するアウトランダーやエクリプス クロスといった、最新SUVにも受け継がれる三菱のクルマづくりへの思いや、今また盛り上がりを見せるラリーで強さを誇る三菱の魅力をあらためて感じられる企画展となっている。また、同時に三菱自動車のモータースポーツの歴史を振り返ることができる特設サイトも公開されているので、そちらも要チェックだ。

パジェロとデリカD:5画像はこちら

※展示中の車両はお手を触れたりドアの開閉や乗り込みなどをすることはできません。

 【三菱自動車モータースポーツ特設サイト】
https://www.mitsubishi-motors.com/jp/innovation/motorsports/

【展示概要】
ダカールラリー展
2002年優勝車パジェロ(ドライバー増岡浩 実車車両)展示
写真展示

【開催期間】
3月24日〜6月下旬(予定)

【アクセス】
東京都港区芝浦3丁目1番1号
msb Tamachi 田町ステーションタワーN 1F/2F
電話:03-6722-6730
■JR山手線・京浜東北線「田町駅」より徒歩2分
■都営三田線・浅草線「三田駅」より徒歩3分

【営業時間】
1F ショールーム 11:00-18:00
2F ティースタンド 10:00-20:00(ラストオーダー19:30)

お客さま・従業員の安心安全のため、マスク着用、定期的な換気、消毒清掃、適切なソーシャルディスタンスの確保などの取り組みを実施します。

画像ギャラリー