トラックは80km/h! バスは最高120km/h! 同じ大型車なのに最高速度規制が違うワケ (1/2ページ)

noteで書く
トラックは80km/h! バスは最高120km/h! 同じ大型車なのに最高速度規制が違うワケ

高速道路を走るバスはごく一部

 新東名高速道路では指定最高速度120km/hのエリアが拡大している。その一方で、相変わらず大型貨物車であるトラックやトレーラーは80km/hの最高速度規制があり、速度リミッターも装備されている。そのため速度差に起因するさまざまな問題が指摘されることもある。

 しかし、高速道路を走っていると同じ大型車両であってもバスは悠々と100km/h巡行しているのを見かけるだろう。前述した新東名であればバスは120km/hで走行するのは合法だ。

 なぜ、大型トラックは法定速度が最高でも80km/hと規定されていて、リミッターが義務化されているのだろうか。一方で、なぜバスにはリミッターが不要とされているのだろうか。

【関連記事】3車線で3台並びも! トラックが高速道路で通せんぼ状態になってしまうワケ

高速道路のイメージ画像はこちら

 まず車両の分類でいうとバスは乗用車で、なおかつ高速道路を走っている数は少ない。こう書くと高速道路を利用する路線バスや観光バスがあるじゃないかと指摘したくなるだろうが、バス全体でいえば市街地を走る路線バスが多いのは事実だ。

 もし、すべてのバスに速度リミッターを義務化すると、ほとんど高速道路を走る機会がないようなバスにまで後付けする必要が出てくる。道路運送車両法での分類ではバスのなかで細かな分類はなく、バス全体にリミッターを義務化することは現実的ではない。よって、バスは80km/h制限の対象から外れたという見方ができる。

画像ギャラリー


新着情報