純正で62個のスピーカーが用意されたクルマも! スピーカーは数が多いほどいい音で聴けるのか (1/2ページ)

純正で62個のスピーカーが用意されたクルマも! スピーカーは数が多いほどいい音で聴けるのか

純正でも迫力あるサウンドを楽しめるモデルも存在!

 音楽好きのドライバーなら、車内で、できるだけいい音で音楽を聴きたくなるのは当然だろう。純正オーディオに満足できず、手を加えている人も多いと思う。

 車内でいい音を聴いてもらいたい、というのは、自動車メーカーの開発陣に音楽、オーディオ好きがいれば、けっこうな確率でこだわり、実現されていることが多い。

 たとえばすでに生産中止になっているホンダN-BOXのアメリカンカスタム的モデルのN-BOXスラッシュがそうで、上級グレードに8スピーカー+FOSTEX社製バックロードホーン式スーパーウーファー、それを駆動する出力360Wのアンプを備えたサウンドマッピングシステムを用意。

【関連記事】ノーマルでも爆音気味のスーパーカーは車検に通るのか?

N-BOXスラッシュ画像はこちら

 当時の記憶では、軽自動車としてはあり得ない、かなり迫力あるサウンドを聴かせてくれたのだ。これも、開発責任者がオーディオマニアゆえの設定だったのだ(オプション価格もすごいが)。

N-BOXスラッシュのスピーカー画像はこちら

 最近では、マツダMAZDA3に標準装備された8スピーカー&DSPアンプ搭載のマツダ・ハーモニック・アコースティックスシステムが好例だ。

MAZDA3画像はこちら

 クルマを動くリスニングルームにする、という目標のもと、純正オーディオの音はしょぼい……というこれまでの通説を打ち砕くべく、カーオーディオだけでなく、車体の設計時点から、クルマ全体の音響にまでこだわったものなのだ。実際、CD視聴、USB接続視聴にかかわらず、純正オーディオとしてはかなりハイレベルなサウンドを聴かせてくれたのである。

MAZDA3のスピーカー画像はこちら

 ところで、カーオーディオについて、「スピーカーは多いほうが良い」という意見もある。かつて、192個ものスピーカーを備えたドイツの劇場をモチーフとした、アウディQ7ベースのアウディサウンドコンセプトというコンセプトカーがあり、なんと車内に62個のスピーカーがセッティングされていたのである(ミッドレンジスピーカー×52、ツイーター×5、ウーハー×5個)。

アウディサウンドコンセプト画像はこちら

 また、ライブの世界では、サカナクションの公演で会場に300本以上のスピーカーを配置した6.1chサラウンドライブが話題になったが、しかし、大型ミニバンの車内の後席で、大型モニターとともに映画などサラウンドにこだわった鑑賞をするのならともかく、一般的な音楽を聴くのであれば、2chで十分、スピーカーの数にことさらこだわる必要はない、というのが、専門家の意見でもある。

画像ギャラリー