VWゴルフ トゥーランが仕様変更! パワートレインの変更や最新インフォテイメントを採用し利便性向上

VWゴルフ トゥーランが仕様変更! パワートレインの変更や最新インフォテイメントを採用し利便性向上

先進安全装備が全グレードで標準装備に

 フォルクスワーゲングループジャパンは、人気コンパクトミニバン「ゴルフ トゥーラン」を仕様変更。パワートレインの変更や最新世代のインフォテイメントシステムの採用など、魅力を高めた。

【関連記事】【試乗】VWゴルフ&シャランに待望のディーゼル搭載! 物足りなさはあるもののベストバイな仕上がり

ゴルフトゥーランのリヤ画像はこちら

 現行モデルのゴルフ トゥーランは2016年に誕生。MQBモジュールを採用し、上級モデルが搭載してきた最新の先進安全装備などを標準装備させ、高い安全性や運動性能、快適性をプラスしたモデルとして好評だ。

 パワートレインは、1.4TSIに代わり新しく1.5TSIを採用。ディーゼルは従来の6速DSGから7速DSGに変更し、これまで以上にスムースな変速で快適な走りを味わえる。

ガソリンエンジン画像はこちら

 インフォテイメントシステムは、常時オンライン接続となる新世代の「Ready 2 Discover」および「Discover Pro」が採用される。オンラインサービス「We connect」も利用可能だ。また、ゴルフ トゥーランとしては初となるデジタルメータークラスター「Digital Cockpit Pro」をコンフォートライン以上のグレードに標準設定し視認性を向上させた。

インパネ画像はこちら

 エントリーグレードとなるTSIトレンドラインには、レーンチェンジアシストシステム「Side Assist Plus」とリヤビューカメラを標準装備し、全方位の先進安全装備を全グレードで標準装備となった。なお、リヤビューカメラはTSIコンフォートラインにも標準化されている。

ゴルフ トゥーランの改良ポイントと全国希望小売価格(税込み)は下記の通り。
【全グレード共通】
・TSIモデル:1.5TSIエンジンを採用
・TDIモデル:7速DSGを採用
・最新世代の新型インフォテイメントシステム“Ready 2 Discover”を標準装備
・モバイルオンラインサービス“We Connect”/“We Connect Plus”を設定
・エンブレムデザイン、フォントの意匠変更
・新色ドルフィングレーメタリック、キングスレッドメタリックを追加設定
【TSIトレンドラインのみ】
・レーンチェンジアシストシステム“Side Assist Plus”を標準装備
・リヤビューカメラ“Rear Assist”/リヤトラフィックアラート(後退時警告・衝突軽減ブレーキ機能)を標準装備
・ダークティンテッドガラス(リヤ/リヤ左右、UVカット機能付)を標準装備
【TSIコンフォートラインのみ】
・リヤビューカメラ“Rear Assist”を標準装備
・デジタルメータークラスター“Digital Cockpit Pro”を標準装備
【TDIコンフォートライン/TSIハイライン/TDIハイライン/TSI R-Line】
・デジタルメータークラスター“Digital Cockpit Pro”を標準装備
【全国希望小売価格・税込み】
TSIトレンドライン 321万9000円
TSIコンフォートライン 369万9000円
TDIコンフォートライン 416万3000円
TSIハイライン 431万9000円
TDIハイライン 451万9000円
TSI R-Line 435万9000円

画像ギャラリー