マイナー競技がモンスターの「棲家」だった! 全日本ジムカーナ選手権「SC車両」の「魔改造っぷり」が強烈すぎる (1/2ページ)

マイナー競技がモンスターの「棲家」だった! 全日本ジムカーナ選手権「SC車両」の「魔改造っぷり」が強烈すぎる

ナンバーが不要なSC車両は大幅な改造が可能!

 ショートサーキットあるいはパイロンを置いた駐車場など舗装されたコースを舞台に1台ずつタイムアタックを展開。そのタイムで順位を決する「ジムカーナ」では、各ドライバーが素晴らしいマシンコントロールを披露している。

 なかでも国内最高峰シリーズとなる全日本ジムカーナ選手権、通称“JGC”では、日本屈指のスペシャリストたちが、正確無比なドライビングで最短ラインを駆け抜けたり、あるいは本能を解き放したような豪快なコーナリングを披露。マシンもジムカーナの名物“360度ターン”を攻略すべく、ハンドリング性能が極めた専用セッティングが施されているのだが、そのなかでもっとも注目を集めているのが、最高峰クラスのJG1クラスに参戦しているSC車両だ。

【関連記事】【噂の真相】F1は天井に張り付いて走れるって本当?

参戦するスバル・インプレッサの室内画像はこちら

 JG1クラスは四輪駆動のSA車両とSC車両を対象にした4WDの最速クラスとなるが、ナンバー付きのSA車両に対して、ナンバー不要のSC車両では大幅な改造が可能。徹底的な軽量化とエンジンのパワーアップが可能となっていることから、まさにモンスターマシンといった仕上がりで、心地よいエキゾーストを響かせながら抜群のフットワークを披露している。

 たとえば2020年のJGCにおいてSCクラスで4連覇を達成した西原正樹はスバル・インプレッサで参戦しているが、JGCではベース車両の規定重量に対して、マイナス100kgまでの軽量化が認められていることから、西原は軽さを求めて敢えてスバルのフラッグシップスポーツのVAB型WRXではなく、GJ3型のインプレッサG4を採用。エンジンに関しても「当初搭載されていた車両のカタログ値の車両重量」が基準となることから、ここでも西原は軽さを求めてVAB型のEJ20ではなく、GDB型のEJ20を採用している。

参戦するスバル・インプレッサの走り画像はこちら

 実際には最低重量が1200kgに規定されていることから、西原のインプレッサは1200kgよりも軽くはなっていないが、GJ3型インプレッサをベースに徹底的なモディファイが実施されている。

画像ギャラリー