ロードスターRFで体感! オープンカーに初めて乗ったらもはや「異世界転生」だった (1/2ページ)

ロードスターRFで体感! オープンカーに初めて乗ったらもはや「異世界転生」だった

いつものドライブルートがまったく違うものに!

 屋根を持たない、または屋根の開閉ができるオープンカー。

「カッコいい」、「いつか乗ってみたい」、といった憧れは抱いていたものの、いままで一度もオープンカーに屋根を開けた状態で乗ったことがなかった(一度ホンダS660に乗る機会には恵まれたものの、土砂降りでオープンにすることができなかった)。

「屋根を開けて走ることができる」ということを物理的には理解しているが、実際に運転するとどのような感覚なのだろうか? また寒さや風の巻き込み、騒音などのデメリットを苦痛に感じることはないのだろうか? いつかオープンカーの全貌を身を持って確かめたいと思いながら、そのチャンスに巡り合えず、WEB CARTOP編集部で過ごすこと早3年。

 先日、とあるWEB CARTOPの企画のために、複数台のクルマを借りることになったのだが、なんとそのなかの1台がマツダ・ロードスターRFに決定。ロードスターRFは2015年に現行型(ND)が登場してから約1年半後に追加されたモデルである。ロードスターがソフトトップなのに対して、ロードスターRFはハードトップだ。

【関連記事】屋根の開閉でひと苦労! せっかくのオープンカーなのに開ける気がおきないクルマ3選

マツダ・ロードスターRFのフロントスタイリング画像はこちら

 もちろんジャーナリストによる試乗がメインなのだが、編集部員も取材への道中や撮影の際に乗ることができる。そこで私、編集部・乾がロードスターRFを移動させる役割を買って出て、オープンカーを堪能。オープンカーを所有するとどんな生活が待っているのかを体験してみた。

 低い重心高に滑らかなボディラインが美しいロードスターRF。ドライビングポジションを合わせると、まるでシートやコックピットに包まれるような感覚だ。エンジンを始動させると、「ウォン」というスポーツカーらしいエキゾーストに胸が高鳴る。6速MTをラインアップするのもマニュアル好きの私にとっては嬉しいポイント。

乾ひかり画像はこちら

 そして念願の屋根をオープン! ロードスターRFはスイッチひとつで屋根を電動開閉することができる。自動で屋根が開く様はさながらガンダムの変形のようで、そのカッコよさに心酔。つい「おぉ〜」という感嘆の声が漏れてしまった。

 ちなみにロードスターRFの屋根をフルオープンにするためにかかる時間は13秒。これは電動開閉のハードトップをもつオープンカーとしては世界最速だ。だが、普段さまざまなクルマに乗るなかで、スライドドアの開閉や電動シート調整にかかる時間をじれったく感じてしまい、このあたりはアナログを好む私。屋根の開閉も億劫になってしまうのではと懸念していたが、開閉時のクルマの動きのカッコよさや、オープンカーに乗っているという満足感からか、この13秒間を退屈に感じることは1度もなかった。

マツダ・ロードスターRFの電動ルーフ作動時画像はこちら

 ロードスターRFへ「初めまして」の気持ちを込めて、そっとクラッチを繋ぎ一般道を走り出す。ダイレクトに感じる風や太陽の光、空の青さ。鳥のさえずりや街ゆく人の声が聞こえる。またクルマから発せられる音を愛する「音フェチ」の私には、エンジン音や排気音、変速時の音がよく聞こえるのもたまらない。ひとりでのドライブだが、開放感や外界との一体感からか、いつもより孤独さも少ないように感じた。そしてロードスターRFの軽快さも相まって、たとえ低速であっても気持ちよく走ることができた。

マツダ・ロードスターRFのワインディング走行画像はこちら

 このような状況のなかで、音楽観賞は可能か? ロードスターRFに搭載されるアップルカープレイでお気に入りの音楽をかけてみると、さすがにいつもよりは音量を上げる必要があったものの、しっかりと耳に届き、ますます気分は上々だ。

 またこの日は快晴。気温は15度ほどの日中に移動したため、エアコンを入れ、春の装いでドライブをすることができた。

マツダ・ロードスターRFのコックピット画像はこちら

 しばらく走っていると、対向車線にNCロードスターを発見。「先代もいいなぁ」などと思いながら見ていると、なんとドライバーのお兄さんが手を挙げて私に挨拶してくれているではないか! 嬉しさと驚き、そして借りモノなんですスミマセン……という気持ちから、深々と頭を下げた。同じ車種に乗る人と挨拶をかわすなんて初めての体験。ほっこりした気持ちになった。オープンカーオーナーは人柄もオープンなのだろうか?

 いつものドライブルートであるにもかかわらず、走り慣れた道がまったく違うものに感じた。もはやこれは異世界転生だ。車内にいながら外の空気が感じられるオープンカーは、コロナ禍で外出しにくい今の状況にもぴったりといえるだろう。

画像ギャラリー