軽商用車からバスまで! スバル&ポルシェ以外の「水平対向エンジン」搭載車とメーカー6選 (1/2ページ)

軽商用車からバスまで! スバル&ポルシェ以外の「水平対向エンジン」搭載車とメーカー6選

部品メーカーが作ったクルマにも水平対向エンジンが搭載された

 水平対向エンジンといえば、スバル、そしてポルシェのお家芸的なのは皆さん、ご存じだろう。低重心、そして左右対称といったメリットは水平対向ユニットならではのものだが、一方、メンテナンス性や燃費などのデメリットもあったりする。

 それらを克服しつつ、現在の2社が看板技術としているわけだが、過去を振り返ると、スバルとポルシェ以外にもけっこうなモデルが水平対向エンジンを積んでいるのは、今の目からすると意外なところ。今回は水平対向エンジンを積んだクルマを集めてみた。ちなみにスーパーカー世代には涙モノの512BBなど、フェラーリにも水平対向12気筒があるがこちらは、クランク形状によってバンク角180度のV型エンジンというのが正確だ。

1)トヨタ・スポーツ800

 通称ヨタハチも水平対向エンジンを積んでいた。ベースとなったパブリカ譲りのもので790ccの水平対向2気筒は、45馬力を発生した。しかも空冷でバタバタという乾いた音が印象的だった。2U型と呼ばれるこのエンジンはトラックのミニエースにも積まれていた。

【関連記事】【これぞ名機】歴史に残る国産エンジン5選!

スバル・ポルシェ以外の水平対向エンジン車画像はこちら

2)ジャイアントコニー、コニー360

 日産系部品メーカーである愛知機械工業が1962年に発売した、独自開発の軽商用車がコニー360で、その先代となるのが1959年登場のジャイアントコニーだ。前者のほうがまずまず売れたが、結局は続かず、自動車開発自体から撤退してしまった(生産はバネットやセレナなどを受託)。

コニー360画像はこちら

 こちらに積まれていたのが360ccの水平対向2気筒で空冷。ルーツは3輪トラックとなるユニットだ。出力は18.5馬力しかなかったが、軽量なこともあってまずまずの性能だった。商用車に使用するとフロアができるだけフラットになるなどのメリットはあって、このコニーではさらにドライサンプを使用していた。

ジャイアントコニー画像はこちら

画像ギャラリー