トップ10に7車種とトヨタ1強! 「カローラクロス」「アクア」「ランクル」などこの先も圧巻の新車ラッシュ (1/2ページ)

トップ10に7車種とトヨタ1強! 「カローラクロス」「アクア」「ランクル」などこの先も圧巻の新車ラッシュ

コロナ禍前に近いほど新車が売れている

 自販連(日本自動車販売協会連合会)および、全軽自協(全国軽自動車協会連合会)から、通称名(車名)別での、2021年4月単月の新車販売台数が発表された。ランキングをみると、いずれも前年同月比となるが、トヨタ・ルーミー176.6%、トヨタ・アルファード194.5%、スズキ・スペーシア168.1%、スズキ・ハスラー159.2%など、前年同月比で100%を超える販売台数となった車種ばかりなのにまず驚いた。

 しかし、よく考えてみると前年同月、つまり2020年4月は新型コロナウイルス感染拡大により、全国的に1回目の緊急事態宣言が発出されていた。そのため新型コロナウイルス感染拡大の影響が新車販売にもおよんでおり、2020年4月の軽自動車も含む新車販売台数は前年同月比(2019年4月)で71.4%となり、落ち込みが顕著となっていた。ちなみに2021年4月の販売台数を2019年4月と比較すると、約92.3%となっており、コロナ禍前の水準まで回復しているといっていいほど、新車販売はコロナ禍でも好調を維持している。

 それでは個別車種の販売ランキングを見ていこう。自販連から登録車、全軽自協から軽自動車の、それぞれ通称名(車名)別販売ランキングを合算すると、2021年4月にもっとも売れたクルマはトヨタ・ヤリス。1万9974台を販売し、ホンダN-BOXを押さえてトップとなっている。ヤリスは2020年4月ではN-BOXにはおよばなかったものの、1万119台を販売し、登録車のみではトップとなっている。

【関連記事】出せばバカ売れ必至! それでもトヨタが軽自動車を作らないワケ

ヤリス走り画像はこちら

 そして、2021年4月は2020年4月の約2倍を販売して、含軽統計でトップとなっている。ヤリスに合算されるヤリスクロスは依然として納期が半年かかる状況が続いており、レンタカーなどのフリート販売も含め、ヤリス自体はよほど販売台数を落とさない限り、含軽統計でトップであり続けると十分考えられる。

ヤリスクロス画像はこちら

 ただ、今年夏ごろには、海外ですでに販売されているカローラクロスが国内デビューするとの情報もある。カローラクロスが国内デビューすると、ヤリスクロスからカローラクロスにお客が流れる可能性が高い。つまり、ヤリスの販売台数を脅かすのは、同じトヨタ車となりそうなのである。

カローラクロス画像はこちら

画像ギャラリー