2020年はトヨタが世界一! なぜそこまでクルマが売れるのか?

2020年はトヨタが世界一! なぜそこまでクルマが売れるのか?

多品種かつ市場に合わせたラインアップで成功している

 トヨタが5年ぶりに首位に返り咲いた。

 2020年の世界新車販売台数で、トヨタは953万台となり、2位のフォルクスワーゲン(931万台)を抑えた。3位はルノー・日産・三菱アライアンスの780万台だった。

 近年、トヨタとフォルクスワーゲンは絶えずトップの座を争ってきたが、2020年に限っていえば、勝敗の要因はコロナ禍における販売落ち込み度合いが影響した。前年比で見ると、トヨタの11.3%減に対して、フォルクスワーゲンは15.2%減だった。

 こうしてトヨタとフォルクスワーゲンが常に上位にくる理由のひとつは、端的にモデルラインアップの多さにある。

 フォルクスワーゲンでは、VW、アウディ、ポルシェ、ランボルギーニ、ベントレー、セアト、シュコダなど多ブランド化しており、必然的にモデル数が多い。

【関連記事】登録車販売はトヨタが独走! 経済的に厳しいコロナ禍で高収益の「高額車」が売れる理由とは?

フォルクスワーゲン・トゥーラン画像はこちら

 一方のトヨタは、グループ企業としてダイハツと日野を含めるが、トヨタ単体でのブランドはトヨタとレクサスの2系統にとどまる。それでも、トヨタブランドでのモデルラインアップが多いのが特長だ。

 企業ホームページで、トヨタと日産やホンダのモデルラインアップを見ただけでも、トヨタ車の多彩なラインアップがはっきりと分かる。

トヨタのラインアップ画像はこちら

 さらに、トヨタは仕向け(販売国)別にラインアップが大きく変わる。カローラやヤリスなど中小型車での世界戦略車を軸足として、世界第二位市場の北米ではタコマやタンドラなどピックアップトラックを現地生産。高付加価値のレクサスも北米生まれであり、ESやRXで販売を伸ばす。

RX450hL画像はこちら

 また、東南アジアや南米など新興国市場向けには、いわゆるIMV(イノベーティブ インターナショナル・マルチパーパス・ヴィークル)としてフォーチュナーやイノーバなどを、生産国と輸出先を効率的に配置している。

フォーチュナー画像はこちら

 さらに、世界最大自動車市場である中国では、中国政府との協議を進めながら、ハイブリッド車の現地生産を積極的に乗り出している。また、EVについてもC-HR EVや、レクサスUX300eなどを中国政府のNEV(新エネルギー車)政策への対応として早期導入を決めている。

UX300e画像はこちら

 こうした、クルマという「タマ」が多いことに加えて、トヨタの強みは販売力にある。

 まず、トヨタ本体の営業部門から販売店に対して、より多く売るための情報を提供し、それらをもとに販売店各社が独自の販売戦略も含めて一気に売っていくのだ。

 むろん、電動化、自動運転技術を使った高度運転支援システム、通信によるコネクテッドサービスなど、様々な技術革新についても、トヨタは毎年1兆円レベルの開発投資を欠かさず、販売現場として売りやすい商品が継続的に導入されるという、好循環を生む。

トヨタのコネクテッドサービス画像はこちら

 技術と販売の両面で、トヨタの強みが発揮されているため、結果的に販売台数が伸びることになる。

画像ギャラリー