みんな大好きフィアット500&500Cがラインアップを一新

noteで書く
みんな大好きフィアット500&500Cがラインアップを一新

新グレードと新カラーを追加して6月5日に発売

 FCA ジャパンは、キビキビとした走りとファニーなルックスで男女を問わず愛されているフィアットのコンパクトカー「500/500C(チンクエチェント/チンクエチェントC)」に、「カルト」と「ドルチェヴィータ」というふたつの新グレードを設定。6月5日(土)から発売することを発表した。

【関連記事】「イタ車」「アメ車」「日本車」などかつては「国別」の「個性」があった自動車! いま「国の色」が薄れゆくワケ

フィアット500NOリアスタイル画像はこちら

「500 / 500C 1.2カルト」は、クルーズコントロールやパドルスイッチ、スピードリミッターを標準装備。高速道路での快適性とともに、操る楽しさも高められている。また、シートカラーおよびドアトリムカラーはブルーへと変更され、インテリアはよりモダンな印象となっている。

フィアット500NOインテリア画像はこちら

「500ツインエアドルチェヴィータ」にもクルーズコントロールが標準装備され、フロントフェンダーには「Dolcevita」のトリムバッジが追加される。

フィアット500NOフロント正面画像画像はこちら

 シートカラーはブラック/アイスの2トーンとなっているのが特徴で、上質感が演出されている。

フィアット500インテリア画像はこちら

 ボディカラーは、シチリアオレンジ(500 / 500Cカルトのみ)とポンペイグレーの2色を追加し、ボサノバホワイト、パソドブレレッドを合わせた全4色。なお、パソドブレレッド、シチリアオレンジ、ポンペイグレーの3色については、有償カラーとなっており、5万5000円が加算される。

 新たな「500/500C」のラインアップ、価格は以下の通り。

 500 1.2カルト:200万円

 500ツインエアカルト:221万円

 500ツインエアドルチェヴィータ:261万円

 500C 1.2カルト:266万円

 今回の新グレードの登場により、これまでの「1.2ポップ」と「ラウンジ」は現在の在庫をもって販売終了となる。

画像ギャラリー


新着情報