屋根も窓もない究極ドライビングマシンのエルバがレゴキットになって登場

屋根も窓もない究極ドライビングマシンのエルバがレゴキットになって登場

エルバの独特なエアベントも忠実再現

 世界有数のラグジュアリー・スーパーカーメーカーであるマクラーレンとレゴグループが手を組み、「レゴ スピードチャンピオン マクラーレン エルバ」が発売される。

「レゴ スピードチャンピオン マクラーレン エルバ」は、マクラーレン史上、もっとも軽量で革新的な限定モデルであるマクラーレン エルバを再現したもの。子どもたちやクルママニアに世界屈指のパフォーマンスを誇るスピードスターを組み立て、ディスプレイするチャンスを提供する。

 究極のドライビングプレジャーを追求して開発されたエルバにはルーフやウインドウスクーリン、窓が存在しないが、この「レゴ スピードチャンピオン マクラーレン エルバ」でもそれら特徴は忠実に再現される。そのほか、エルバならではの空力機能であるアクティブ・エア・マネージメント・システム(AAMS)のエアベントなど、ディテールの再現度も高く、子どもから大人までが楽しめることだろう。

「レゴ スピードチャンピオン マクラーレン エルバ」は、全263ピース、全長16cm、全幅7cm、全高4cm。マクラーレン・オートモーティブのアルティメットシリーズ主任開発エンジニアであり、エルバの開発にも大きく関わっているレイチェル・ブラウンをモデルにしたマクラーレン ドライバーのミニフィギュアが1体付属する。

【関連記事】815馬力のスーパーカー「McLaren Elva」が登場! ブランド初のオープンコックピット

マクラーレン・オートモーティブのアルティメットシリーズ主任開発エンジニアのレイチェル・ブラウン画像はこちら

 対象年齢は7歳以上で、組み立てながらエルバの構造を学び、完成後はスピードチャンピオンの他モデルと競わせたり、飾ったりして楽しむことが可能だ。

「レゴ スピードチャンピオン マクラーレン エルバ」は、2021年6月からLEGO.comやレゴストア、世界中の量販店にて販売される。

画像ギャラリー