あまりの人気っぷりに納期は2年! 光岡バディが走りまで「アメリカン」で感動必至 (1/2ページ)

noteで書く
あまりの人気っぷりに納期は2年! 光岡バディが走りまで「アメリカン」で感動必至

人気すぎて納期も2年以上! 光岡バディの魅力の秘密とは?

富山県に本社のある光岡自動車が2020年11月26日に発表したSUVとなる“バディ”。その後先行予約受注を受け付けていたが、2021年6月24日発売となった。今回はそのバディに試乗することができたので、紹介していくことにする。

【関連記事】一度見たら忘れられない! 歴史に残る「変顔」クルマ5選

光岡バディ画像はこちら

 バディはトヨタ RAV4をベースに、顔つきは1973年から1991年の間ラインアップされた、GM(ゼネラルモーターズ)のシボレーK5ブレイザーのような顔つきを採用するなど、そのエクステリアは古き良きアメリカンSUVを彷彿とさせるものとなっている。そして、このバディは光岡自動車の公式ウェブサイトを見ると、2021年7月1日申し込み分については、2023年6月から9月までの生産枠となっていることを告知している。納期はじつに2年、トヨタ ヤリスクロスの納期遅延が半年というのが吹っ飛ぶほどとなっている。

トヨタRAV4画像はこちら

当初の生産計画から大幅に生産枠を増やしたとのことだが、それでも長期の納期遅延なのは、もちろん手作業で行われるので、絶対的生産能力の問題もあるが、それにも増して人気の高いことを物語っている。

名前:
小林敦志
肩書き:
-
現在の愛車:
2019年式トヨタ・カローラ セダン S
趣味:
乗りバス(路線バスに乗って小旅行すること)
好きな有名人:
渡 哲也(団長)、石原裕次郎(課長) ※故人となりますがいまも大ファンです(西部警察の聖地巡りもひとりで楽しんでおります)
noteで書く

画像ギャラリー


新着情報