トヨタも舌を巻くコストダウンマジック! スズキ車の圧倒的なコスパとその秘密 (1/2ページ)

トヨタも舌を巻くコストダウンマジック! スズキ車の圧倒的なコスパとその秘密

この記事をまとめると

■スズキ・スイフトは国産モデルでほぼ唯一といえる手が届きやすいスポーツカーだ

■軽自動車のベーシックカー「アルト」も必要十分なモビリティとしてコスパに優れている

■軽自動車を長く作ってきたスズキのコストダウンの巧みさにはトヨタも舌を巻く

スポーツカー不遇の時代でもスイスポなら188万円から乗れる

 昨今、クルマの値段が上がっている。軽自動車でもっとも売れているホンダN-BOXはスターティングプライスが140万円オーバー。いま一番売れているトヨタ・ヤリスもハイブリッドを選ぶと200万円以上の予算が必要になる。

 国民車といえる軽自動車やコンパクトカーが、これほど高くなっているのだから、スポーツカーに至っては言わずもがな。若者が手に入れやすいモデルはなくなっている……ということはない。

 ほぼ唯一といえる選択肢だが、手が届きやすいスポーツカーが、日本にはある。

 それが、スズキ・スイフトスポーツである。先進安全装備を省いた仕様であれば6速MTで187万4400円~というメーカー希望小売価格となっている、お財布にフレンドリーなスポーツカーだ。

【関連記事】100年の間には冒険したクルマも! 「名車」だらけのスズキが生んだ「迷車」6台

スズキ・スイフトスポーツ画像はこちら

 だからといって雰囲気だけのスポーツカーというわけじゃないのが、スイフトスポーツの魅力だ。1.4リッターターボエンジンのスペックは、最高出力140馬力(103kW)、最大トルク230N・m。車両重量は970kgと今どきのクルマでは考えられないほどで、貴重な軽量マシンでもある。

スズキ・スイフトスポーツのエンジン画像はこちら

 駆動方式はFFだがシャシー性能の高さも定評あるところで、サーキットでは2リッターターボに迫るタイムを出すことでも知られている。コスパ最強のスポーツカーなのだ。

 コスパといえば軽自動車のベーシックカー「アルト」も見逃せない。そのエントリープライスは86万3500円、衝突被害軽減ブレーキなどを装備しても92万4000円と100万円以下で新車を手に入れることができるのだ。こちらも必要十分なモビリティとして考えると非常にコスパに優れている。

スズキ・アルト画像はこちら

画像ギャラリー