「Nissan GT-R50 by Italdesign」とVR38DETT型エンジンを忠実にモデル化! 実車と同じく販売台数は50台

「Nissan GT-R50 by Italdesign」とVR38DETT型エンジンを忠実にモデル化! 実車と同じく販売台数は50台

細部に至るまで忠実に再現された特別なGT-Rとそのエンジン

 1968年にジョルジェット・ジウジアーロが創業したデザイン会社「Italdesig」と1969年に初代モデルが登場した日産GT-R。どちらも50周年を迎えるにあたり、その記念事業として製作されたフルオーダーメイドの特別なGT-Rが「Nissan GT-R50 by Italdesign」だ。

 そんな「Nissan GT-R50 by Italdesign」が、「~Master‛s Series~ NISSAN GT-R50 by Italdesign 2018 Goodwood仕様」としてモデル化された。

【関連記事】スカイラインもだけどセダンを諦めないで! かつて日産が生み出した「それ以外」の名セダン3選

「~Master‛s Series~ NISSAN GT-R50 by Italdesign 2018 Goodwood仕様」全景画像はこちら

「~Master‛s Series~ NISSAN GT-R50 by Italdesign 2018 Goodwood仕様」には、「Nissan GT-R50 by Italdesign」だけでなく同車のフード下に収まるスペシャルチューンドされたVR38DETT型エンジンのスケールモデルも組み合わせられている。

「~Master‛s Series~ NISSAN GT-R50 by Italdesign 2018 Goodwood仕様」のエンジン模型のアップ画像はこちら

 今回製品化されたのは、イギリスのモータースポーツイベント「グッドウッド・スポーツ・フェスティバル・スピード」で2018年7月にワールドプレミアされたプロトタイプで、日産自動車、イタルデザインから提供された3Dデータに加え、徹底的な実車取材を敢行。最小限にとどめられたデフォルメにより、本物が持つディテールを1/18スケールに落とし込んだ力作となっている。

 一方のエンジンモデルは本物のVR38DETTを分解・スキャンして3Dデータ化し、1/6スケールで忠実にモデリング。また、ボディカラー同色のゴールドのヘッドカバーは、実物写真をベースにカラー調合した塗料を使用して再現されている。

 日産とイタルデザインが世界トップレベルの技術を注ぎ込んだ「Nissan GT-R50 by Italdesign」の魅力を、「日下エンジニアリング」と「MAKE UP」が持てる技術を駆使してスケールモデル化した「~Master‛s Series~ NISSAN GT-R50 by Italdesign 2018 Goodwood仕様」は、実車と同じ50台限定発売。納車は実車よりも少し早い2021年9月末からを予定している。

「~Master‛s Series~ NISSAN GT-R50 by Italdesign 2018 Goodwood仕様」の全景画像はこちら

 商品の詳細は以下の通り。

~Master‛s Series~ NISSAN GT-R50 by Italdesign 2018 Goodwood仕様」商品概要
●価格:13万2000円(税込)
●予約開始時期:2021年7月〜8月中旬(予定)
●お届け時期:2021年9月末より順次
●限定限定50台
●日産オフィシャルライセンス商品
●本体材質:レンジ樹脂、アクリル、真鍮、ホワイトメタル
●台座&アクリルケース:幅450mm×奥行き380mm×ケース高200mm
●付属品:ウォールナット高級台座(表面:カーボン調シート貼り)、日本製高級アクリルケース

 実車は1億円超となかなか手が出るプライスではないだけに、スケールモデルとはいえ貴重で特別なGT-Rを手に入れるチャンスは2度とないかもしれない。気になる方は早めにご予約を。

画像ギャラリー


新着情報