感動的な上質感! 新登場プレミアムコンパクト「日産オーラe-POWER」にライバルなし (1/2ページ)

感動的な上質感! 新登場プレミアムコンパクト「日産オーラe-POWER」にライバルなし

上品かつ奥床しい佇まいのジャパニーズプレミアム

これまでの国産Bセグメントは実用車のイメージが強く、上級モデルからの移行となると、輸入車を選ぶ人も少なくなかった。そんななか、上質&贅沢な国産プレミアムコンパクトとして新登場したのが日産「オーラ」だ。今回はその魅力をカーライフジャーナリストのまるも亜希子さんに味わってもらう!

日産ノート オーラの横に立つまるも亜希子画像はこちらまるも亜希子

 WEBやラジオ、イベント、安全運転インストラクターなど多方面で活躍中のカーライフジャーナリスト。ラリーや耐久レースなどモータースポーツ経験も豊富。実体験に基づく、ママさん目線でのインプレッションも好評だ。

  


 見慣れた街角に、パッと光が宿ったように佇んでいたのが「オーラ」だと気づいて、これは初めての体験だと気持ちが高まった。上質で華やかでありながら、どこか奥ゆかしい深みのある雰囲気を醸し出すエクステリア。小型エンジンを発電専用に搭載し、100%モーター走行という電気自動車のようなドライビングフィール。それらを日産らしい洗練されたセンスと丁寧な品質管理で仕上げた、まさに新ジャンルかつ日本発のプレミアムコンパクトがオーラだ。

 フロントマスクは日産の新世代EV、アリアにも通じるVモーショングリルが、細く引き締まったLEDヘッドライトへと伸び、精微な作りのグリルで先進性とプレミアム感を放っている。ノートと比べて4cm拡大した全幅や豊かな張り出しのフェンダーなどの効果もあって、堂々としたスタンスが凛々しさを感じさせる。思わず乗ってみたくなるのと同時に、颯爽とドライブする姿が早くも浮かんでいた。

日産ノート オーラのリヤスタイリング画像はこちら

 ドアを開けると、アームレストやインパネ上部、ドアインナーなどにたっぷりとあしらわれたツイード調織物とレザー、滑らかで温もりのある木目でコーディネートされたインテリアに心奪われた。疲労を軽減するゼログラビティシートも高級セダンのフーガと同等のクッション厚で、座るとホッとくつろげるような、心地よい空間となっている。

ポイント① フロントシート

日産ノート オーラのフロントシート画像はこちら

体圧を分散し、腰にかかる疲労感を 30%軽減するゼログラビティシートを採用。とくにオプションの本革シート は、フーガと同じ厚さ20mmのスラブウレタン素材を使用。ソフト層を持たせ た高級車らしい3層構造。

フロントシートの調整幅が広いことも美点で、全体が上下するシートリフターは70mm、前後スライド幅は260mm。小柄な女性から背の高い男性まで、体型を問わずベストなポジションが取れ、ロングドライブ時の疲労軽減に貢献。

 また上下二段に小物が置けるセンターコンソールボックスや、使いやすい位置のカップホルダーなど、収納スペースは十分。USBやワイヤレス充電、小ぶりで未来的な電制シフトなど、スマートなユーティリティもさらりと備える。

 ボディカラーには「ガーネットレッド/スーパーブラック」といった2トーンが5色、モノトーンが9色の全14色。上質と先進、そしてジャパニーズアイデンティティが融合し、今までにないプレミアムコンパクトのオーラは、輸入コンパクトにも負けない存在感があった。

ポイント② インパネ

日産ノート オーラのインストゥルメントパネル画像はこちら

 12.3インチのアドバンスドドライブアシストディスプレイと、9インチの「NissanConnectナビゲーションシステム」を組み合わせたフードレス&フレームレスの統合型インターフェースディスプレイ。5層の反射防止フィルムを入れ込み、視認性を高めている。また、たとえばナビ画面には広域地図を、そしてメーター画面には詳細地図を表示するなど、連携した表示も可能。

ポイント③ インテリア

日産ノート オーラのセンターコンソール画像はこちら

 木目の凸凹を表現した微細加工やツヤを抑えた表面処理によって高級感を高めた木目調フィニッシャーや、温かみのあるツイード調素材が随所にあしらわれ、ラウンジにいるような居心地の良さを感じられる。

オーラの注目装備①
日本初採用! BOSEパーソナルプラスサウンドシステム

日産ノート オーラのBOSEパーソナルプラスサウンドシステム画像はこちら

 先進のヘッドレストスピーカーをはじめ、BOSE熟練の音響技術を駆使して臨場感あふれるプレミアムな音を提供するのが、コンパクトセグメントで唯一となる、国内初採用の「BOSEパーソナルプラスサウンドシステム」。音の通り道には構造物を置かないレイアウトや、音の広がりを思いのままに調整できるPersonal Spaceコントロール機能を採用。さらにオプションのニッサンコネクト+ドコモインカーコネクト加入で車内Wi-Fi環境を整えれば、オンラインの音楽配信も最高の音で楽しめる。

まるも亜希子のお気に入り! 遮音ガラス

日産ノート オーラのサイドガラス画像はこちら

 いくら見た目がゴージャスでも、静粛性の高さがプレミアムか否かを分ける要素にもなります。オーラはフロントドアガラスにスカイラインと同じ遮音膜を採用したり、ドア内張りにも高周波の音を吸収する吸音材を設置。またフロントドライブシャフトにも制振装置を採用するなど、不快な音をとことん入り込ませないこだわりで、高い静粛性を実現しています。

画像ギャラリー