待望のフラッグシップセダンが再登場! ボルボS90が受注生産にて販売をスタート

noteで書く
待望のフラッグシップセダンが再登場! ボルボS90が受注生産にて販売をスタート

フラッグシップの名に恥じない、全方位で改良された意欲作!

 500台限定で販売されていたボルボのフラッグシップセダン「S90」が、日本のユーザーの熱望によって、台数縛りのない受注生産という形で日本市場へカムバックを果たした。

【関連記事】PHEVにエントリーグレードが追加! ボルボXC40リチャージがさらに買いやすいくなった!

ボルボS90のサイドビュー画像はこちら

 S90は、電動化や高度な運転支援技術の搭載まで見据えた「スケーラブル・プロダクトアーキテクチャー(SPA)」プラットフォームにより開発され、T字型のトールハンマーヘッドライトを象徴とするボルボの新デザインがXC90に次いで採用されたモデル。

 今回販売を開始するのは、仕様変更を実施した48Vハイブリッド搭載モデル「S90 B6 AWD Inscription」の1グレードとなっている。

 エクステリアでは、フロント・グリル、フロント・バンパー、リヤバンパー、アルミホイールに新デザインを採用し、リヤランプのデザインを変更。リヤウィンカーが、流れるように光るシーケンシャルタイプとなっている。

ボルボS90のリヤスタイリング画像はこちら

 インテリアでは、新インフォテイメントシステムや、テレマティクスサービスが導入される。そのほかに、「CleanZone – アドバンスト・エア・クオリティ・システム(PM2.5センサー、車内自動換気機能付)」や、「ワイヤレス・スマートフォン・チャージ」も標準装備。また、オプションのB&Wプレミアムサウンド・オーディオシステムがアップグレードされ、音場再現性がさらに向上し、新たに“Jazz Club”モードが追加採用され、ドライブ中の音楽がより楽しめる改良が施されている。

 パワートレインには、2リッター4気筒直噴ターボに電動スーパーチャージャー、48Vハイブリッドを搭載したB6パワートレーンを採用。Drive-E (ドライブイー)の 第3世代となるガソリンエンジンは、48V電源を利用した電動スーパーチャージャーによる高効率と優れたレスポンス、ISGM(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター・モジュール)によるハイブリッドシステムを搭載し、300馬力の優れた出力特性と高い環境性能、ノイズの大幅な低減による上質感のある走行性能を実現したフラッグシップの名に恥じない1台になっている。

 もちろん、ボルボ自慢の先進の安全装備はすべて標準装備。また、今回新たに「先行車発進告知機能」と「リア衝突回避・被害軽減ブレーキ・システム」も追加され抜かりなしだ。

「輸入車はアフターサービスが不安だ」というユーザーも納得の、新車保証が走行距離無制限で5年付随するのもボルボならではの注目ポイント。

 9月1日より販売が開始され、価格は894万円となる。

画像ギャラリー


新着情報