トコロ変わればイメージも激変! 日本じゃ「陰キャ」気味でも海外でバカウケしているクルマとは (1/2ページ)

トコロ変わればイメージも激変! 日本じゃ「陰キャ」気味でも海外でバカウケしているクルマとは

この記事をまとめると

■国内では目立たない日本車が海外では売れていることがある

■日本ではスポーティなモデルが海外では老若男女の定番車種などイメージが異なることも

■アメリカ、インド、インドネシアで人気の車種の具体例を挙げて解説する

アメリカでシビックは老若男女にとっての定番

 今、日本で人気車といえば、トヨタ・アルファードや日産セレナなどミニバン、そしてホンダN-BOX、スズキ・ジムニー、ダイハツ・タフトなど多彩なバリエーションを誇る軽自動車、さらに最近ではトヨタ・ランドクルーザー300系やJeepラングラーなど本格派クロスカントリー四駆などさまざまある。

 一方で、海外に目を向けると、それぞれの国や地域の社会事情や、庶民のクルマに対する考え方の違いなどから、日本ではあまり目立たないモデルが人気になっている場合がある。

 筆頭は、アメリカでのホンダ・シビック、アコード、CR-Vだ。

【関連記事】「サッポロ」「ツル」は日本人からすると不思議な名称! 逆に外国人から見た謎な「日本車名」とは

ホンダCR-Vのフロントスタイリング画像はこちら

 日本市場でも新型シビックが導入され、6速MT搭載のスポーティな走りを待ち望んでいる声があるが、アメリカでシビックといえば、老若男女にとって”定番中の定番”というイメージがある。2020年の実績では、なんと年間26万1225台も販売しているのだ。それでもコロナ禍の影響があり、2019年の20%減だ。

海外で売れている日本車画像はこちら

 また日本ではラインアップから消えてしまったアコードは、シビックの上級モデルという位置付けて安定した人気があり、コロナ禍で前年比26%減となっても19万9458台も売れている。

ホンダ・アコードのフロントスタイリング画像はこちら

 さらに、近年はアメリカでコンパクトSUV市場が急拡大しており、CR-Vが33万3502台となり、コロナ禍でも14%減にとどまるほど根強い人気がある。

名前:
桃田健史
肩書き:
-
現在の愛車:
トヨタ・ハイエースキャンパーアルトピア―ノ等
趣味:
動物たちとのふれあい
好きな有名人:
聖徳太子(多くの人の声を同時にしっかり聞くという伝説があるので)

画像ギャラリー


新着情報