メルセデス・ベンツCLSがマイナーチェンジを実施! お馴染みのEdition1も限定50台用意 (1/2ページ)

noteで書く
メルセデス・ベンツCLSがマイナーチェンジを実施! お馴染みのEdition1も限定50台用意

この記事をまとめると

■メルセデス・ベンツCLSがマイナーチェンジを実施

■エクステリア・インテリアの意匠変更や快適装備の充実が図られた

■特別仕様車メルセデス AMG CLS 53 4MATIC+ Edition1を50台用意

スタイリッシュな4ドアクーペがさらに流麗スポーティに

 かつて4ドアのクルマといえば3つのボックスを繋ぎ合わせたようなセダンが基本だった。しかしいつしか、「スタイリッシュな4ドアのクルマが欲しい」というわがままな需要が高まり、各メーカーはさまざまなボディバリエーションを生み出した。メルセデス・ベンツがリリースしているCLSも、時代の要請から生まれた4ドアクーペだ。そんなCLSマイナーチェンジを受けた。

 新型CLSでは、グリルを中心とするフロントエンドのデザインが変更された。CLS 220 d スポーツとCLS 450 4MATIC スポーツでは、台形型のグリルにマットクローム仕上げの小さなスリーポインテッドスターが散りばめられたシングルルーバータイプの「スターパターングリル」を採用し、アグレッシブで先進的なデザインとなったフロントバンパーとも相まって、4ドアクーペらしい躍動感が強調されている。

【関連記事】昭和のスーパースター3人が乗っていたガルウイング! 当時のドル円換算で245万円だったメルセデス・ベンツ300SLとは

メルセデス・ベンツCLS 220 d スポーツのフロントスタイリング画像はこちら

 ホイールのデザインも一新されており、さらにCLS 450 4MATIC スポーツではサイズも19インチから20インチへとインチアップされている。

 メルセデス AMG CLS 53 4MATIC+では、グリルを縦にルーバーが入ったAMG専用デザインに変更。ワイド感のあるバンパーとともに、スポー的な印象をより強めている。

 さらに、新たに設定されたカーボンパッケージでは、ドアミラーやスポイラーリップ、トリムなどがカーボンに変更され、レッドブレーキキャリパー、マットブラックペイント20インチホイールが装着され、迫力あるエクステリアを手に入れることができる。

 外装色には新たに加わったスペクトラルブルーをはじめとする全10色から選択可能になっている。とくにCLS 220 d スポーツとメルセデス AMG CLS 53 4MATIC+には、受注生産となる「Individualizationプログラム」も設定され、これまではハイエンドな一部モデルでのみ選択できたカラーを含む全6色から選ぶことができるようになっている。

 インテリアでは、ステアリングホイールが最新世代へとアップグレードされたのがトピックス。ステアリングホイールに触れているだけでドライバーが握っていることが認識されるようになり、ディスタンスアシスト・ディストロニックの使い勝手が向上している。

CLS 220 d スポーツのインテリア画像はこちら

 インテリアカラーは、CLS 220 d スポーツとCLS 450 4MATIC スポーツは全6色から、メルセデス AMG CLS 53 4MATIC+は全5色から選択することができる。

画像ギャラリー


新着情報