日本の最高峰クーペがより魅力的に! レクサスLCが一部改良を実施 (1/2ページ)

日本の最高峰クーペがより魅力的に! レクサスLCが一部改良を実施

この記事をまとめると

■レクサスの最高峰クーペ「LC」が一部改良

■足まわりのセッティングを変更し、より高い走行性能を確保

■新色のボディカラーの追加や、一部グレードに新色の内装を設定した

運動性能を向上させ、よりハイパフォーマンスな1台に

 レクサスのクーペのなかで最高峰に位置するLCが一部改良を実施した。

【関連記事】「F」の名を冠するハイパフォーマンスモデルがより魅力的に! レクサスRC Fを一部改良

レクサスLC一部改良画像はこちら

 まず、足まわりの変更として、コイルスプリング、スタビライザーの諸元やショックアブソーバーの制御を最適化。これによりタイヤの接地感を高め、操舵入力に対する車両応答のリニアリティと高い旋回G領域でのコントロール性を高めている。

 また、レクサス・ダイナミック・ハンドリングシステム(LDH)装着車では、VGRS、DRS制御を最適化することで、レスポンスがよく軽快感ある走りを実現。低速から高速まで、車両姿勢の適正化とコントロール性を両立することで、操る楽しさと安定感を向上させることに成功している。

 足まわりの変更点としては、オレンジブレーキキャリパー(フロント・リヤLEXUSロゴ入り)をメーカーオプションとして新規設定している点にも注目だ。

画像ギャラリー


新着情報