「レクサスLC」の記事一覧

ヒコセブンのオリジナルブランド「CARNEL」から64分の1スケール「レクサスLC500h」発売

限定車に設定されたブルーも再現  クルマファンも納得のモデルカーラインアップを取り揃えるヒコセブンは、オリジナルブランドである「CARNEL」よりダイキャスト製64分の1スケール「レクサスLC500h」2モデルを発売する...

続きを読む...

レーシーさ満点のトムスLC500&ヴォクシー! スーパーGTで培ったレーシングテクノロジーを採用【大阪オートメッセ2020】

LC500の足まわりは平川亮選手が監修  インテックス大阪にて、2020年2月14日〜16日まで開催された西日本最大級のカスタマイズカーイベント、大阪オートメッセ。そのCARトップブースには、2台のレーシーなカスタマイズ...

続きを読む...

レクサスLCとISの特別仕様車が登場! 実車が見られて絶品スイーツを堪能できるイベントを開催

レクサスの「CRAFTED」は実車で見てこそ魅力がわかる!  レクサスはラグジュアリークーペ「LC」の特別仕様車「PATINA Elegance」と、スポーティセダン「IS」の特別仕様車「I Blue」を発表した。2台の...

続きを読む...

レクサスLCとISに匠の技から最先端テクノロジーまで投入した特別仕様車が登場

風格や味わいをさらに高めた特別な1台に仕上がっている  レクサスはラグジュアリークーペ「LC」とスポーティセダン「IS」の特別仕様車を設定し、10月1日(火)に発売する。価格(10%税込み)はLCが1400万円(LC50...

続きを読む...

音やパーツだけでうっとり! クルマ好きを陶酔させる部位をもつクルマ6選

走りや実用性など無視できてしまうほどの衝撃の質感  クルマのほとんどは量産前提の工業製品だけに、製造のしやすさやコストによって、デザイナーが描いた本来のデザインが失われることがありがちだ。しかし、なかには惚れ込める部位を…

続きを読む...

【ムービー】「性格がまったく違う」ドリキン土屋圭市が2台のレクサスLC500を全開テスト!

V8は世界で勝負できるクルマに仕上がっている  ドリキンこと土屋圭市さんが今話題の最新クーペ、レクサスLC500を試乗! 今回は袖ヶ浦フォレストウェイにハイブリッドとV8の2グレードを持ち込んで全開アタックを行った。レク...

続きを読む...

【レクサスLC詳細解説】新サスペンションがもたらした走りとデザインの両立

低フードかつ大径タイヤでもストロークを確保するべく開発  LCの開発当初は、低いフード高と21インチの大径タイヤの組み合わせというデザインはスタイリッシュでも、サスペンションが収まらない! と危惧されるほどだったという。...

続きを読む...

【レクサスLC詳細解説】驚異の走りと美しい見た目を実現するプラットフォーム

重心位置を低く車体の中心にして旋回性能を向上  LCを皮切りとした次世代のFR系レクサスのために新開発されたのが、GA‐Lとネーミングされた新型プラットフォーム。美しいスタイルを創造するとともに、走りのポテンシャルを飛躍...

続きを読む...

【試乗】レクサスLC500&500hは欧州プレミアム車と真っ向勝負できる実力の持ち主!

右脳で感じるV8と左脳で感動するハイブリッド  2016年デトロイトショーで世界初公開から1年4カ月、日本のリアルワールドでレクサスの新フラッグシップクーペ「LC」のステアリングを握ることができた。ちなみに筆者はそのモチ...

続きを読む...

【世界初試乗】レクサスLCが見せた欧州のライバルに並ぶ本物の実力!

ついに日本車が世界に並ぶ日が訪れた  日本の高級スポーツクーペが、世界に君臨するトップエンドのライバルたちと実力で肩を並べた。しかも「日本のレクサスここにあり」という個性を備えていた。ついに「日本の時代」がきた、きた、き…

続きを読む...

デイリーランキング