超高級車だったのに中古だとこんな安いの!? 貧スタグラマーが「ドヤれる」イケてるクーペ4選 (1/2ページ)

超高級車だったのに中古だとこんな安いの!? 貧スタグラマーが「ドヤれる」イケてるクーペ4選

この記事をまとめると

■新車時は1000万円超で販売された高級車のなかから格安で入手できるモデルを選んだ

■BMWとレクサスの超美麗クーペが新車時の数分の1で購入できる

■伝統あるブランドのスポーティなクーペは10分の1以下の価格になっている

年月の経過で憧れだったクルマにも手が届く

 とくだん資本主義社会でなくとも、商品は年月とともに貨幣価値は下がるもの。まして、減価償却が当てはめられるクルマなどは、ナンバー付いた途端に半掛けなんてことも珍しくはありません。クラシックだ、ビンテージだともてはやされるのは、市場の裏側に暗躍するファンダメンタルブローカーの仕業であること、いうまでもありませんよね。そういう輩に踊らされることなく、我々消費者はできるだけ賢い買い物をしたいものです。

 そこで、新車価格は高嶺の花であろうとも、寄る年月が角を丸めてくれたクルマたち、つまりかっちょいい高級クーペでも、お手頃価格になっているクルマをご紹介。いわゆる貧スタグラマーの皆様が「これ買ったし!」とドヤ顔できるクルマばかり。ぜひ、日本経済の歪んだうま味を堪能なさってくださいね!

BMW 6シリーズ

 どういうわけかBMWのラグジュアリークーペは値落ち率が高い気がします。とくに6シリーズは635CSiあたりから下がりやすかったのですが、こちらはクラシックブームのあおりでもって持ち直すどころか、イヤな値付けをしているタマもちらほら。で、ねらい目は2011年モデルの3リッター直6エンジン搭載の640i、あるいは2006年頃の630i、いわゆるクリス・バングル顔したアレ。

【関連記事】優雅に「見せてるだけ」で意外と面倒くさい! 超高級車乗りの知られざる「苦労」とは

BMW 6シリーズのフロントスタイリング画像はこちら

 車格があるので現行3シリーズなんかと並んでも、6の方が格段に「映える」こと請け合いです。新車価格はおよそ900万~1500万円だったのですが、中古車市場ではおしなべて300万円程度。3分の1から5分の1と、夕方のスーパー以上の値落ち率!

BMW 6シリーズのフロントスタイリング画像はこちら

 とりたてて弱点らしきものはありませんが、点検記録簿で「交換」されたパーツくらいはチェックしておきましょう。ECUの交換くらいなら大丈夫でしょうが、複数のセンサー類がASSY交換されていたとしたらハズレ車の可能性あり。

レクサスLC

 今回の10分の1値落ちには届きませんが、イチオシの中古車がこちらのLCです。なんといっても現行モデルですから、新車価格の半額程度といっても十分にお買い得。気になるのは、レクサスのクーペってポイントのみ。つまり、メルセデスやBMW、あるいはベントレーなんて「映える」クーペもほかにあるのに「なにもレクサスにしなくたって」という小賢しい反発にあう可能性があるということ。

レクサスLCのフロントスタイリング画像はこちら

 祖父の代からレクサス党でして、というのも無理があるし、「希代のスポーツカーLFA直系のマシンなのだ!」などと言おうものなら「だったらLFA買えば」になっちゃうわけでして……。さりとて「子供の頃からレクサスのクーペに乗るのが夢でした」も小市民すぎて「嘲笑的いいね」しかもらえそうにありません。てことで、理由付けに自信があれば間違いなく「買い!」でなければ、輸入車にしとけって。

名前:
石橋 寛
肩書き:
文筆業
現在の愛車:
三菱パジェロミニ/ビューエルXB12R/KTM 690SMC
趣味:
DJ(DJ Bassy名義で活動中)/バイク(コースデビューしてコケまくり)
好きな有名人:
マルチェロ・マストロヤンニ/ジャコ・パストリアス/岩城滉一

画像ギャラリー


新着情報