教習所は高い! 渋滞も頻発! 「そりゃMT車が減るわけだ」と思わせる5つの理由 (1/2ページ)

noteで書く
教習所は高い! 渋滞も頻発! 「そりゃMT車が減るわけだ」と思わせる5つの理由

この記事をまとめると

◼︎免許の保有率があまり高くなく、MT免許を取る費用がAT限定免許よりも高額

◼︎スポーツカーよりもSUVなどの方が人気という時代背景もある

◼︎AT限定免許を取ってから限定解除という手段を取る人も多い

AT大国ニッポン! MTが売れないその背景は?

 一時期は「若者のクルマ離れ」なんて言葉がしきりに取り沙汰されていましたが、じつは蓋を開けてみればそれは、若者がクルマにかけられるお金やクルマに対する価値観、生活の中での優先順位などが変化したり、所有だけでなくシェアという選択肢が出てきたことなどで、単に「若者に新車が売れない」という事実によるところが大きいということがわかってきました。

【関連記事】もはやMTに存在価値ナシ!? イマドキのATの強烈な進化っぷりとは

ディーラー店内画像はこちら

 実際に、免許保有者数の割合を見てみると、19歳までの男性は21%、女性は15.5%と低いものの、20歳〜24歳までになると男性は76.7%、女性は69.3%と高い割合になり、25歳〜29歳まででは男性89.2%、女性83.7%にまで上がります。これは決して少ない割合ではないですよね。昔は18歳になるのと同時にみんなが免許を取っていたものですが、その年齢が少し上がってきているところはあるものの、若者がクルマから離れていったわけではなく、クルマに対する価値観が変わったことが大きいと考えられます。

運転免許証サンプル画像はこちら

 ただ、変わりつつあるのは持っている免許の種別です。2000年代に入ってからとくに、MT免許の取得者数が減っていく代わりにAT免許の取得者数が伸び続け、ついに2009年。MTとATの取得者数が50%対50%と並びます。そしてじわじわと引き離し、令和元年にはMTが32.4%、ATが67.6%と圧倒的な差に。男性でも約半数がAT免許を選ぶという時代になっています。

1)教習所が高額

 その理由はいくつかありますが、1つ目は教習所の料金と教習時間数。普通自動車の基本教習料金表を見ると、AT限定が教習料金29万8650円、入校金が5万7200円で合計35万5850円なのに対して、MT免許は教習料金32万5160円、入校金6万8200円で合計39万3360円となっています。

教習所外観画像はこちら

 差額は3万7510円ですが、学生や若者にとってこの差は大きいかもしれません。そして教習時間数は、学科はどちらも26時限ですが、技能はAT限定が31時限、MTが34時限と多くなっています。これも、忙しい若者にとっては嫌われる要因の1つです。ただ中には、「MTのほうが予約が取りやすかったのでMTで取りました」という若者も。春先や夏休みなど、混み合う時期に通う場合はそうした理由でMTを選ぶこともありそうです。

2)MT車が圧倒的に少ない

 理由の2つ目は、日本で販売される新車にはたった2%しかMT車がないということ。せっかく苦労して高いお金を払ってMT免許を取得しても、運転する機会がほとんどないのでは取る意味がわからないですよね。

ロードスター全体画像はこちら

 実家のクルマがMT車だからという人や、よっぽどスポーツカーに憧れのある人、仕事などでバスやトラックを運転する可能性のある人、という理由でもなければ「AT限定でいっか」となるのも納得です。

画像ギャラリー


新着情報