下取り価格に有利! 洗車をサボってもバレない! 後悔しないクルマのボディ色の選び方とは (1/2ページ)

下取り価格に有利! 洗車をサボってもバレない! 後悔しないクルマのボディ色の選び方とは

この記事をまとめると

■各車にさまざまなボディカラーが用意されている

■オーナーに最適な色は重視するポイントによって変わる

■後悔しないボディカラーの選び方を解説する

数年後に買い換える予定なら「白」「黒」がオススメ

 タイムズを運営するパーク24が会員に行った「好きなクルマの色」のアンケートによると、一番好きな色は「白」と「黒」がほぼ同数で、全体の約半数を占める結果となりました。面白いのは、「白」と「シルバー」は年代が高くなるほど人気となり、60代以上では「黒」を「シルバー」が上まわる結果に。逆に「黒」の人気は若くなるにつれて高まり、40代で「白」と「黒」が同数、30代以下では「黒」の人気が一番になっています。また、どの年代でも「白」「黒」次いで「シルバー」、「赤」「青」「紺」という順位が変わらない結果となったのも、興味深いポイントですね。

 ただ、このアンケートでは「保有しているクルマは自分の好きな色ですか?」という質問もあって、なんと4割もの人が「好きな色ではない」と答えています。その理由は、「家族の意見を反映したため」が34%、「色よりも価格や性能を優先したため」が29%、「欲しい車種に好きな色がなかったため」が24%となっています。「そのクルマにはその色が合っていたから」という理由もあったようです。

【関連記事】じつは塗料は基本同じ! 高級車のボディカラーが色褪せない理由とは

トヨタ86とスバルBRZ画像はこちら

 では、本当に後悔しないボディカラーとは、どのように選べばいいのでしょうか。それは、色に対するこだわりの強さや、金銭的に損をしたくない、傷や汚れが目立たない色がいいなど、優先する条件によって変わってくると思います。

 まず、自分にとってのラッキーカラーやイメージカラーなど、コレというこだわりの色がある場合は、それを選ぶのがいちばんです。成功者のなかには、占い師に見てもらったラッキーカラーがオレンジなので、オレンジ色のクルマしか乗らないという人もいるほどで、アストンマーティンのデザイナーに聞いたところ、中国では縁起がいいとされる赤とゴールドの注文が多いという話もあります。また風水では「黒」は運気を下げる色とも言われていますので、気にする人は選ばないほうがいいでしょう。

アストンマーティン・ヴァンテージのフロントスタイリング画像はこちら

 とくに色にこだわりがなく、数年後には買い換える予定で、その時にできるだけ査定額を高くしたいと考えているなら、やはり「白」「黒」が外せません。とくにパール系、メタリック系のカラーは査定額がプラスになることが多いと言われています。ただ、注意したいのが購入時に有料となる色かどうかです。最近は有料色の値段が上がっていて5万円以上もザラにあり、輸入車ともなると10万円以上加算されてしまうことも。

トヨタ・ランドクルーザーのサイドビュー画像はこちら

 購入時にそんなに高いお金を払う事になるなら、いくら査定時にプラスになるといっても、そこまで他の色より高く査定してもらえるかどうかは疑問です。結局はプラマイ0となる可能性もありますので、よくそのあたりをチェックしてください。

 また、その車種ごとに人気のカラーというのもあります。たとえばスバル・インプレッサではWRブルーと呼ばれる伝統色はリセールが高かったり、マツダのソウルレッドも他のカラーよりリセールがいいと言われています。

画像ギャラリー