これぞアメリカンスポーツの極み! 超弩級性能を誇るシボレー「コルベット Z06」を発表 (1/2ページ)

これぞアメリカンスポーツの極み! 超弩級性能を誇るシボレー「コルベット Z06」を発表

この記事をまとめると

■コルベットが2023年モデルとして「Z06」を発表した

■C8同様にミッドシップを採用し、右ハンドルも設定する

■5.5リッターのNAエンジンから670馬力を発生させる

5.5リッターV8エンジン670馬力の魔力

 コルベット初のミッドシップレイアウトを採用したC8の登場から2年。今回はそんなC8コルベットにスーパースポーツモデルの「Z06」がミッドシップレイアウトを引っ提げて登場した。

【関連記事】【試乗】狙うは欧州スーパースポーツ! ミッドシップ&右ハンドル化のコルベットに乗った

Z06 2台並び画像はこちら

 この新型「コルベット Z06」はサーキット走行を前提としたパフォーマンスモデルとして設計・開発された本格的なスーパーカーとなっており、同社は「世界で最もパワフルな新型5.5リッターLT6の自然吸気V8エンジン」と謳っている自信作だ。

コルベットZ06を発表画像はこちら

 それもそのはず。今回のエンジンは、新開発されたフラットプレーンクランクシャフトの採用により、8600rpm、最高出力670馬力を叩き出す超弩級スペック。エンジニアが2年を費やして作り上げたという独特の豊かなエキゾーストノートは、これまでの「コルベット」にはないものに仕上がっているとのこと。

Z06 マフラー画像はこちら

 2023年モデルとなる「コルベット Z06」の特徴は以下のようになっている。

・「シボレー コルベット」よりも全幅を3.6インチ(9.4cm)広げ、345シリーズの大型リヤタイヤを装備。サイドエアベントからのエアフローも増大させている。

・「コルベット Z06」で初めて採用された、ユニークなフロント・リアフェイシア。フロントデザインは、冷却性能を最大限に発揮するための5つの熱交換器のうちセンターのひとつへ空気を流すなど「コルベット Z06」の冷却ニーズを最適化するよう設計。

・レーストラックでの高速走行時の安定性とコーナリング性能を向上させるために設計された、調整可能なウィッカービルを備えた、ユニークで再構成可能なリアスポイラーを標準装備。

・「コルベット」の市販モデルでは最大となるフロント20インチ、リア21インチの鍛造アルミホイール「スパイダー」(5種類の仕上げから選択可能)を標準装着。

・バネ下重量を41ポンド(18.6kg)軽量化し、より俊敏で反応性の高いハンドリングに貢献する軽量高剛性のカーボンホイールを選択可能。

・マグネティック・ライド・コントロール4.0を含むサスペンションのチューニングや「シボレー コルベット」よりも大型のブレーキ(フロント6ピストン)の採用など、2023年型「コルベットZ06」は、「コルベット」史上最もサーキット走行に適したモデル。

・8速デュアルクラッチトランスミッションの最終減速比を「シボレー コルベット」よりも短い5.56に変更し、加速性能を向上。

・カーボンファイバートリムの使用を拡大し、新しいオプションを追加するなど、クオリティの高い素材と質感を備えた高級感溢れるコックピット。

・最高のサーキット性能と時速186マイルで「コルベット」史上最高の734ポンドのダウンフォースを提供するZ07パフォーマンスパッケージを設定。カーボンファイバー製ハイ・リアウイングとグランドエフェクト、シャーシの専用チューニング、マグネティック・ライド・コントロール専用のキャリブレーション、特注のミシュラン・カップ2 R ZPタイヤ、ならびにブレンボ カーボンセラミックブレーキとオプションのカーボンファイバーホイールなどが含まれる。

画像ギャラリー