控えめなアクセントでエレガントさを引き立たせたエクスクルーシブなパナメーラ! プラチナエディションを設定して予約受注中 (1/2ページ)

控えめなアクセントでエレガントさを引き立たせたエクスクルーシブなパナメーラ! プラチナエディションを設定して予約受注中

この記事をまとめると

■ポルシェ・パナメーラに「プラチナエディション」が設定された

■プラチナ塗装の21インチホイールやエンブレムなどの専用品を多数装備する

■2021年11月17日に開催のロサンゼルスモーターショーで世界初公開

プラチナカラーをアクセントにした上品なスタイルが特徴

 911とボクスターというスポーツカーしかラインアップしない純スポーツカーブランドであったポルシェに、ハイパフォーマンスな4ドアサルーンという新たな可能性を示したパナメーラは、いまや多くのセレブからも選ばれる人気モデルとなっている。現行モデルは2016年にデビューした2代目で、ポルシェにとってはなくてはならないモデルへと成長した。

 そんなパナメーラに、控えめなサテングロス プラチナデザインを特徴としたエレガントでエクスクルーシブなモデルとなる「プラチナエディション」が設定された。

【関連記事】テスラから乗り換える人が続出のタイカン! ポルシェの電動化戦略の「本気度」

ポルシェ・パナメーラプラチナエディションのリヤスタイリング画像はこちら

 プラチナエディションは、プラチナ塗装の21インチエクスクルーシブデザインスポーツホイール、ブラックのスポーツテールパイプ、プライバシーガラス、ハイグロスブラックのサイドウインドウトリム、エクスクルーシブデザイン テールライトを装備。パナメーラのダイナミックなエレガントなスタイルを引き立てる。

ポルシェ・パナメーラプラチナエディションのホイール画像はこちら

 さらに、フロントホイール後方のエアアウトレットトリムトリム、リヤの“Porsche”ロゴとモデルロゴ、サイドの“e-hybrid”ロゴ(ハイブリッドモデル)などがプラチナで塗装されており、外部からも「プラチナエディション」であることを明確に識別することができる。

ポルシェ・パナメーラプラチナエディションのリヤスタイルのアップ画像はこちら

画像ギャラリー