ひとりのクライアントのためだけに作られたフェラーリ! ワンオフシリーズの新作「BR20」を公開 (2/2ページ)

noteで書く

内外装のすべてはたったひとりのためにデザインされた

 滑らからなファストバックのルーフラインをさらにダイナミックなものとするために、GTC4ルッソのリヤシートは取り外され、さらに全長をオリジナルよりも3インチ伸ばすことで、美しいプロポーションを強調するシルエットとなっている。キャビンはAピラーからリヤスポイラーにかけてふたつのアーチが前後をつなぐようなスタイルになっており、アーチ後方のふくらみは、えぐられて空力的な通り道となり、その出口はリアスポイラーの下へと続く。フェラーリBR20は、「フライングバットレス」(バロック時代の建造物に見られるアーチ状の飛梁)をフェラーリ流にモダンにアレンジしたことで、他のフェラーリのスタイリングの特徴とも強いつながりを感じさせるもとなった。

 フロントでは、水平スリットのグリルとヘッドライトはBR20専用エレメントであり、また、20インチのダイヤモンド仕上げのアルミホイールも専用にデザインされたものとなる。リヤにはアンダーボディに可動フラップが設けられたディフューザーを装備する。

【関連記事】社長になれば「フェラーリ」を会社名義でリースして経費計上して乗れる? 都市伝説的な疑問を公認会計士にぶつけた!

フェラーリBR20のリヤスタイリング画像はこちら

 インテリアは、濃淡2色のブラウンレザーとカーボンファイバーでトリミングされる。シートは「ヘリタジ・テスタ・ディ・モロ」というダークブラウンのレーザーで覆われ、前面には特別なパターンとシルバーのクロスステッチが施される。

フェラーリBR20のコクピット画像はこちら

 車内空間は、フロントウィンドウから後部ラゲッジ・コンパートメントまで遮るものがなく、非常に明るく軽快な印象となっている。リヤベントとラゲッジデッキには、オークにカーボンファイバー製インサートがあしらわれ、これを折り畳むと奥行きのある荷室とドアハンドルが現れる仕組みになっている。

フェラーリBR20のインテリア画像はこちら

 たったひとりのクラインアントのために製作されたエレガントで個性的な世界に1台のフェラーリBR20。その価格とオーダーしたクライアントの名は明かされていない。

noteで書く

画像ギャラリー


新着情報