コロナの落ち着きで「バス業界」にも笑顔復活か? バスオタも集う「バステク」に潜入した (1/2ページ)

コロナの落ち着きで「バス業界」にも笑顔復活か? バスオタも集う「バステク」に潜入した

この記事をまとめると

■埼玉県でバスの展示会「第7回バステクin首都圏」が開催された

■試乗や運転の体験などもできるほか、車両だけでなく用品関連のメーカーも出展

■世界初公開となる車両なども登場した

バスオタクが”バスオンリー”の魅惑の展示会に行ってきた

 2021年11月12日に、埼玉県さいたま市にある“埼玉スタジアム2002”東駐車場において、株式会社ぽると出版主催、国土交通省後援、公益社団法人 日本バス協会と一般社団法人 東京バス協会協賛により、第7回バステクin首都圏が開催された。

【関連記事】コロナがバス業界を襲う! 最近路線バスの走りが「ぎこちなく」なったワケ

会場風景画像はこちら

 バス事業者、完成車メーカー、用品メーカーなど、バス業界関係者向けの実車や用品展示をおもに行うのがバステクin首都圏(バステクフォーラムも同じ)。業界関係者の貴重な情報交換の場ともされている。とくにここ数年は中華系のEV路線バスの運手体験試乗及び客席試乗が好評を得ている。

バス展示風景画像はこちら

 今回はバステクin首都圏では初出品となる、EVモータース・ジャパンの小型BEV(バッテリー電気自動車)バスF8の運転体験試乗だけでなく、客席試乗も客席が満席になる試乗回もあるほど盛況であった。またオノエンジニアリング/アジアスタージャパンでは、オノエンスターEVの全長9メートル車がバステクin首都圏初出品されている。

バステク試乗コース画像はこちら

名前:
小林敦志
肩書き:
-
現在の愛車:
2019年式トヨタ・カローラ セダン S
趣味:
乗りバス(路線バスに乗って小旅行すること)
好きな有名人:
渡 哲也(団長)、石原裕次郎(課長) ※故人となりますがいまも大ファンです(西部警察の聖地巡りもひとりで楽しんでおります)

画像ギャラリー


新着情報