ニュルを7分4秒511で駆け抜けたコンパクトミッドスポーツの最高峰! ポルシェ718ケイマンGT4 RSの予約受注を開始 (1/2ページ)

ニュルを7分4秒511で駆け抜けたコンパクトミッドスポーツの最高峰! ポルシェ718ケイマンGT4 RSの予約受注を開始

この記事をまとめると

■ポルシェの718シリーズの最高峰モデルとなる718ケイマンGT4 RSの予約が始まった

■911 GT3カップや911 GT3同じ水平対向6気筒自然吸気エンジンは500馬力を発揮

■0-100km/hは3.4秒で最高速度は315km/h

ポルシェのコンパクトミッドシップスポーツの最高峰モデル

 ポルシェのミッドシップスポーツである718ケイマンは、RRの911とはまた違う乗り味のスポーツカーとして多くのマニアに支持されているが、なかでも911でお馴染みの水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載した718ケイマンGT4は別格とされている。

 そんな718ケイマンGT4に「RS」モデルが追加された。

【関連記事】クルマのテーマパークが千葉県に爆誕! いま話題の「ポルシェエクスペリエンスセンター」とは

ポルシェ718ケイマンGT4 RSの走行シーン画像はこちら

 ポルシェモータースポーツのDNAを備えた718モデルレンジのトップモデルとなる「718ケイマンGT4 RS」は、軽量設計、非常に俊敏なシャシーのセットアップ、最新のエアロダイナミクス、そして独自のサウンドで感銘を与えるように開発された妥協のないドライバーズカーとなっている。

 レーシングカーの911 GT3カップや市販車の911 GT3でおなじみの水平対向6気筒自然吸気エンジンは、718ケイマンGT4の出力を80馬力(59kW)上まわる500馬力で、そのパワーウェイトレシオは2.83kg/馬力。最大トルクも430N・mから450N・mに増加している。しかもこのエンジンは、最高回転数が9000rpmに達する高回転型であり、天井知らずで吹け上がるような感覚は、運転するものに快感をもたらしてくれることだろう。

 また、718ケイマンGT4 RSで注目すべき装備に、運転席側および助手席側ウインドウの後方にあるプロセスエアインテークがある。通常の718ケイマンでは、ここに小さなサイドウインドウを備えるが、718ケイマンGT4 RSではインテークが設けられた。この新しいエアインテークは、吸気の流れを改善しながら乗員の耳のすぐ横でスリリングなインテークサウンドを生み出してくれる。

ポルシェ718ケイマンGT4 RSのプロセスエアインテーク画像はこちら

 718ケイマンGT4 RSのトランスミッションは、最新のRSモデルがそうであるようにポルシェデュアルクラッチトランスミッション(PDK)のみとなる。PDKは7速のギアを超高速でシフトし、最高の性能を保証してくれる。手動でギアを変更する場合も、パドルシフトによってステアリングホイールに手を置いたまま操作することも可能だ。

ポルシェ718ケイマンGT4 RSのインテリア画像はこちら

画像ギャラリー