たった1台のクルマが世界の自動車の流れを一変! 平成以降のエポックメイキングなクルマたち (1/2ページ)

たった1台のクルマが世界の自動車の流れを一変! 平成以降のエポックメイキングなクルマたち

この記事をまとめると

■100年以上にわたる歴史の中で多くのクルマが誕生してきた

■なかには自動車史に大きな影響を与えたクルマも存在する

■この記事では平成以降のエポックメイキングなクルマを紹介したい

ロードスターのリリースはメーカーの勇気!

 100年以上にわたるクルマの歴史の中で、流れをガラッと変えてしまったエポックメイキングな車種がある。流線形ボディや前輪駆動など多くの部分は昔のうちに確立されたけれど、平成以降に限っても自動車業界に大きな影響を与えたクルマはいくつかある。

 日本車で言えばまずトヨタ・プリウスは外せないだろう。1997年、世界初の量産ハイブリッドカーとして発売された当初はネガな意見も多かったが、2代目がハリウッドスターに愛用されたあたりから人気が上昇。プラグインやマイルドを含めれば、いまや多くのクルマがハイブリッド技術を使っている。それを考えると、改めてすごいクルマだと思う。

【関連記事】「会社の危機」を救ったのは1台のクルマ! 自動車メーカーの運命を変えた国産車4台

トヨタ・プリウス(2代目)のフロントスタイリング画像はこちら

 プリウスの3年前にデビューした同じトヨタのRAV4も画期的だ。横置きエンジン乗用車のプラットフォームやパワートレインを使って生まれた初めてのSUVなのだから。現在、多くのSUVが同様の成り立ちを持っており、前輪駆動のSUVすらあるのは、RAV4が道を切り拓いてくれたおかげである。

トヨタRAV4(初代)のフロントスタイリング画像はこちら

 スポーツカーではやはりマツダ・ロードスターが思い浮かぶ。1970年代あたりからスポーツカーにも安全性や快適性が求められるようになり、オープン2シーターのライトウエイトスポーツが絶滅しつつあった時にこれを出したのは勇気があるし、フォロワーを多く生み出したというのも日本人にとっては誇らしい。

マツダ・ロードスター(初代)のフロントスタイリング画像はこちら

画像ギャラリー