永遠の論争に決着! 4輪と2輪はドッチがどのぐらい速いのか? (1/2ページ)

永遠の論争に決着! 4輪と2輪はドッチがどのぐらい速いのか?

この記事をまとめると

■四輪と二輪、それぞれをシチュエーション別にどちらが速いかを検証

■総合力ではタイヤの数と空力に勝る四輪が圧勝

■パワーウェイトレシオに優れる二輪は加速とコストパッフォーマンスに優れる

あらゆるパフォーマンスが問われるサーキットでは四輪が圧勝

 四輪と二輪どっちがどれだけ速いのか。

 クルマやバイクに興味がある人なら、気になる話題かもしれないが、加速、減速、コーナリング、最高速のすべてが問われるサーキットでの比較になると、これはもう四輪の圧勝。

【関連記事】トヨタ2000GTやレクサスLFAも! 巨人トヨタがクルマの心臓「エンジン」をヤマハに開発させるワケ

日産GT-Rの走行シーン画像はこちら

 ブレーキメーカー、ブレンボのHPにわかりやすいデータがあり、F1とMotoGPの両方が開催されているサーキット=開催されるサーキット、アメリカ オースチンの「サーキット・オブ・ジ・アメリカズ」データを比べると、ベストタイムはF1が1分40秒666、MotoGPが2分04秒251(いずれも2015年)。ただし、最高速度は、F1が332.3km/hで、MotoGPが344.2km/hと二輪のほうが上まわっている。

 また、加速力は市販車でもレース車両でも、パワーウエイトレシオに勝る二輪に軍配が上がる。

MotoGP二輪の走行シーン画像はこちら

名前:
藤田竜太
肩書き:
モータリングライター
現在の愛車:
日産スカイラインGT-R(R32)/ユーノス・ロードスター(NA6)
趣味:
-
好きな有名人:
-

画像ギャラリー


新着情報