スポーツカーとSUVがクロスオーバーしたスズキの新作! 新型S-CROSSを世界初公開

スポーツカーとSUVがクロスオーバーしたスズキの新作! 新型S-CROSSを世界初公開

この記事をまとめると

■スズキSX4 S-CROSSがフルモデルチェンジして車名をS-CROSSに変更して世界初公開

■欧州仕様は全車48Vマイルドハイブリッドとなる

■2021年末より欧州での販売を皮切りに中南米、大洋州、アジアへも輸出される

フルモデルチェンジに合わせて車名を「S-CROSS」に変更

 コンパクトスポーツカーとSUVのクロスオーバーモデルとして欧州で誕生したSX4は、スズキとフィアットによって共同開発されたクルマだ。日本でも初代が2006年から2014年まで、SX4 S-CROSSと改名された2代目が2015年から2020年まで販売されていた。そんなSX4 S-CROSSがフルモデルチェンジし、車名も新たにS-CROSSとして欧州で発表された。

 新型S-CROSSは、SUVらしいスタイリングと快適性、高い走行性能と安全性を兼ね備えたモデルとなった。エクステリアでは、フロントに大型グリルと3灯式LEDポジションランプを採用し、個性的なフェイスになっているのが特徴だ。ライトユニットをボンネットとともに高い位置に配置することで、SUVらしい逞しい印象となっている。また、タイヤハウスにはスクエア状のモールディングでSUVらしいタフさを表現。リヤもフロント同様にランプとバンパー位置を高く配置することで、どの角度から見ても堂々としたSUVの風貌を感じさせるエクステリアに仕上げている。

 インテリアには、中央に多機能な9インチ大型HDディスプレイオーディオを採用。スマートフォンとの連携はもちろん、車両情報やカメラ映像表示といった運転支援機能も備える。インテリア全体は立体的な造形となっており、SUVらしい力強さが表現されている。

【関連記事】よくよく考えると「スズキ」と「ダイハツ」のコスパは圧巻! 良品廉価マジックの秘訣とは?

スズキS-CROSSのインテリア画像はこちら

 欧州仕様車のパワートレインは、全車48Vマイルドハイブリッドとなる。これにより、燃費抑制はもちろん、アクセルの操作に応じてエンジントルクにモータートルクを上乗せする加速補助も可能にしている。走行モードをダイヤルで簡単に選択できる「ALLGRIP」や衝突被害軽減ブレーキ、標識認識機能、車線逸脱抑制機能、全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロールなどの運転支援機能も充実。さらに、全方位モニターや後退時車両検知警報などの駐車支援機能も備えている。

 使い勝手の良さもS-CROSSの特徴のひとつになっており、コンパクトな車体の中に最大限の空間をつくるスズキのノウハウを駆使して大人5人がゆったり座れる快適性と多用途に使える荷室容量430リッターを実現。開放感のある大開口サンルーフを採用するなど、移動を最大限に楽しんでもらえるように工夫が凝らされている。

スズキS-CROSSのリヤスタイリング画像はこちら

 新型S-CROSSは、ハンガリー子会社のマジャールスズキ社で生産され、2021年末より欧州での販売を皮切りに、中南米、大洋州、アジアへも輸出される予定。2022年後半には、欧州向けにストロングハイブリッドモデルも導入されるという。日本導入に関してのアナウンスはされていない。

画像ギャラリー