70台以上のランボルギーニが揃う圧巻のラン! マニア垂涎のランボルギーニだらけのイベントが2年ぶりに開催 (1/2ページ)

70台以上のランボルギーニが揃う圧巻のラン! マニア垂涎のランボルギーニだらけのイベントが2年ぶりに開催

この記事をまとめると

■2年ぶりに「ランボルギーニ・デイ・ジャパン」が開催された

■カウンタック50周年を記念して投票によるベスト・オブ・カウンタックを選出

■70台以上のランボルギーニによるパレードランも実施した

2年ぶりとなる「ランボルギーニ・デイ・ジャパン」を開催

 昨2020年は、コロナ渦中の影響で中止されてしまった「ランボルギーニ・デイ・ジャパン」。今年も直前まで、その開催が可能であるのかどうかには、主催者は検討を続けたというが、できるかぎり蜜を避けるスタイルで2年ぶりにその開催にゴー・サインが出された。

【関連記事】お金持ちはクルマの次は船に行く! ランボにレクサスにメルセデスまでもが「船」に手を出すワケ

ランボルギーニ・デイ・ジャパン2021会場の風景画像はこちら

 それには2021年にはぜひこの特別なイベントを開催したいという、主催者の強い意志が背景にあったのである。その設立から半世紀以上、ランボルギーニはこれまでにさまざまなモデルを市場へと送り出してきたが、その中でももっとも有名な、いわゆるアイコン的な存在といえば、それは1970年代半ばに日本で巻き起こったスーパーカーブームでも主役の一台となったカウンタック(クンタッシ)にほかならない。

ランボルギーニ・デイ・ジャパン2021に展示されたランボルギーニ。カウンタック画像はこちら

 2021年は、このカウンタックのプロトタイプとなるLP500がジュネーブショーで世界初公開されて50年目にあたる節目の年。それを祝するイベントを開催することだけは、カウンタック、そしてランボルギーニ・ファンのすべてにとっての大きな夢だったのだ。

ランボルギーニ・デイ・ジャパン2021に展示されたランボルギーニ。カウンタック画像はこちら

画像ギャラリー