ラリーアート復活の第1弾まずはタイから! トライトンとパジェロスポーツに特別仕様車「ラリーアート」を設定! (1/2ページ)

ラリーアート復活の第1弾まずはタイから! トライトンとパジェロスポーツに特別仕様車「ラリーアート」を設定!

この記事をまとめると

■復活が予告されていた「ラリーアート」の第1弾モデルがタイで登場

■トライトンとパジェロスポーツに特別仕様車「ラリーアート」を設定

■ラリー参戦マシンを彷彿とさせるストライプ調ボディサイドデカールなどを特別装備

ラリーアートの名前を冠した特別仕様車が登場

 かつて三菱自動車は、ランエボやパジェロを擁してモータースポーツに積極的に取り組んでいた。そんな三菱自動車のモータースポーツ活動を担当していたのが「ラリーアート」だったわけだが、肝心の「ラリーアート」は、2009年に活動を停止している。そして、今年、2020年度決算報告において、突如「ラリーアート」の復活がアナウンスされ、ファンが狂喜したことは記憶に新しい。

 さて、そんな「ラリーアート」ブランドの復活第1弾として、ピックアップトラックのトライトンと、ミッドサイズSUVのパジェロスポーツに特別仕様車「ラリーアート」が設定、発売されることになった。ただし、残念ながらこれはタイでの話となる。

【関連記事】ランエボ復活の可能性もあり! 三菱が蘇らせる「ラリーアート」とは

三菱トライトン ラリーアートのフロントスタイリング画像はこちら

 新生ラリーアートは、かつてモータースポーツシーンで培ってきたブランドイメージを受け継ぎながら、まずはアクセサリー用品の販売事業を中心に展開することになるそうだ。

画像ギャラリー