エンジンがないのにボンネットがある謎! EVが「エンジン車」と同じ形をしているのには理由があった (1/2ページ)

noteで書く
エンジンがないのにボンネットがある謎! EVが「エンジン車」と同じ形をしているのには理由があった

この記事をまとめると

■エンジンを搭載していないEVにもボンネットを有するクルマが多い

■ボンネットを設けることで居住空間や荷室空間を確保しやすい

■クルマの形状はクルマとしての機能だけでなく事故被害低減などとも深く関係している

パッケージング流用で開発費を抑える狙いもある

 電気自動車(EV)にはエンジンが搭載されないので、その造形は必ずしもこれまでのエンジン車の姿である必要はない。しかし、いまのところ市販されるEVの多くはボンネットフードが客室の前に残り、見慣れたクルマの姿を残している。

【関連記事】新車が消えゆくのは仕方ないが……すでに所有している「ガソリン車」にすら乗れなくなる可能性!

電気自動車3台の集合カット画像はこちら

 EVのボンネットフードを開けると、そこに見えるのは制御装置だ。前輪駆動(FWD)では、その下に駆動用モーターが配置されている。エンジンはないものの、従来からあるボンネットフード下にモーターや制御装置を配置すれば、客室や荷室の空間は従来通り確保されることになる。

日産リーフのボンネット下の制御装置画像はこちら

 エンジン車で培ってきた設計手法でEV化をはかれば、車両全体のパッケージングをゼロからはじめるより、EVを開発しやすいという今の事情があるだろう。それでも、EV専用車として開発された米国のテスラなどは、ボンネットフード下にも荷室を設け、余計な部品を置かないことで、ボンネットフードの低い独特な外観を生み出している。

テスラ・モデルXのフロントトランク画像はこちら

 また、バッテリー冷却は必要だが、エンジンほどの高熱を冷やすわけではないので、現行のテスラ各車は一見フロントグリルに見える部分にいわゆるラジエターグリルはなく、造形の陰影で独特の顔つきを生み出している。

テスラ・モデルSのフロントスタイリング画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報