愛車は彼女! 旧車は熟女! 「クルマと恋愛」の驚くべき類似性とは (2/2ページ)

クルマは愛すべき彼女のようなもの

 ボクは男ですから、男目線で考えてみると、やはり本気で惚れて手に入れたクルマは、愛すべき彼女のようなものと言っていいと思います。いろいろなカタチ、姿、性格、能力を持った”個性”から、自身のタイプ、好みにあった相手を選び、何年か付き合うのですから。いや、結婚というカタチで一生付き合うこともあるかも知れません。

 男子から見たクルマを女子に例えてみると、小柄で見た目は大人しそうでも、じつは活発でスポーツ万能タイプ。プライドが高く、生意気そうでも、付き合い方次第で変わり、染まるタイプ。優しいけれども、曲がったことが大嫌いなタイプ。連れて歩くにはスタイリッシュな美人で素敵でも、我が儘でお金のかかるタイプ……など、恋愛対象の女子にたとえられるクルマは少なくありません。

【関連記事】「高くて豪華」なのになぜダメ? 1300万円超の高級車でもデートに不向きなモデル5台とその理由

さまざまなクルマのイメージ画像はこちら

 ボクの車歴中で、一番苦労しつつも、思い出深い1台が、イタリア、モデナ出身の彼女でした。2ドアクーペ、V6、キャブレターの2.5リッターツインターボ、MTというスペックで、ノーズには三又の鉾の高貴なエンブレムがアクセサリーとして輝き、インテリアは貴族的な豪華さで着飾っていました。しかしながら、連れて歩くにはスタイリッシュで美人であっても、我が儘でお金のかかるタイプ……だったのです(納車当日にワイパーが壊れ、夜の箱根の山道ではバッテリーが割れ、電力消失。冬期は1発でエンジンがかからないと終日、エンジンがかからないこともあったのでガレージに預けていました)。

 ある意味、男子を惑わす!? 妖艶な魅力ある、なにをしでかすかわからない悪女。だからこそ、30台近い車歴の中で、一番に思い出深いクルマでもあるのです。昔の彼女の中でも、ほんわりとした、さしさわりのない恋愛をした女子の記憶はあいまいでも、出会い、付き合い、別れに強烈な思い出を残した女子の記憶はいつまでも鮮明に残り、記憶から消したくても消せない……のと同じかも知れません。

 ちなみに、旧車は熟女!? ボクたちの知らない時代、世界を謳歌してきた、恋愛経験豊富な相手=クルマとも言い表せるのではないでしょうか。若い男子にも熟女派がいるように(あるいはオジサン好きの女子がいるように)、それはそれで素晴らしい人生経験を積める相手なのです。

三菱デボネア画像はこちら

 そんな経験を積んできたからこそ、今では恋愛対象とも言えるクルマ選びにまず、失敗はありません。生身の女子を見る目はいまだ、未熟であっても、です。これからクルマ選びをするのであれば、いかにハードなクルマであっても、いかに親しみやすそうなクルマでも、恋愛対象としてしっかりと目を光らせ、これからの恋愛関係をイメージし、見極めることで、今、付き合っている大好きな彼女と同様に(いれば)、素敵なクルマとの生活を長きに渡って送ることができるに違いありません。もしかすると、奥さんという一生の伴侶となる1台に巡り合えることもあるでしょう。

 出会い、付き合い、そして多くの場合、いつか別れがやってくる。やっぱり、クルマは男女を問わず、人と人の恋愛と同じようなものなんだなぁと、これまでの車歴を振り返りつつ、つくづく思ってしまうのです。彼女がいても、奥さんがいても(あるいは彼氏がいても、ダンナさんがいても)、クルマとのわくわくさせる恋愛、怖いもの知らずの浮気なら、誰にも咎められない。そこがまた、クルマ選び、クルマとの付き合いの、人生を変えるほどの大きな魅力と言えるのだと思います。

名前:
青山尚暉
肩書き:
2022-2023日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員
現在の愛車:
フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアント
趣味:
スニーカー、バッグ、帽子の蒐集、車内の計測
好きな有名人:
Yuming

画像ギャラリー


新着情報