保険は? 維持費は? フェラーリオーナーが語る「お金」のリアル (1/2ページ)

noteで書く
保険は? 維持費は? フェラーリオーナーが語る「お金」のリアル

この記事をまとめると

■フェラーリは維持費がかかるという印象がある

■このイメージはバブル期に作られたと推測される

■実際の維持費について経験談をもとに解説する

初回の車検費用が約200万円だった個体も!

 仮にフェラーリやランボルギーニなどが入手できて、その先の維持費はどのぐらいかかるものなのか?

 いまだに「フェラーリは維持費が大変でしょう」と言われることがある。いまだにというのは、フェラーリオーナー歴28年ゆえの感想で、一般の人からすれば、フェラーリは維持費がかかってアタリマエ。それが揺るぎない固定観念だろう。では実際はどうなのか?

【関連記事】ノーマルでも爆音気味のスーパーカーは車検に通るのか?

フェラーリBR20画像はこちら

「フェラーリは維持費がかかる」という伝説(?)は、主にバブル期に作られたと推測される。

 たとえば車検。私が09年に購入したフェラーリ328GTS(87年式)には、新車時からの記録簿がついていたが、初回の車検費用はなんと約200万円! ヨーロッパ並行ものだったので、整備を行ったのはディーラーではなく、民間の整備工場だった。

フェラーリ328GTS画像はこちら

 ところが、同じ328GTSの車検に、現在では20万円程度しかかからない。バブル期は、まったく無意味かつ無駄な整備を行っていたのか、あるいは何もしないで、お金だけボッたくっていたのだろうか?

 私の取材によれば、バブル期までは、「フェラーリなんだからお金がかかってアタリマエ」という観念が非常に強く、安く上げて競争に勝とうという整備業者はいなかったし、整備費用を安く上げようというオーナーもいなかったようだ。逆に「こんなにカネかかっちゃったよ~」と、自慢する風潮があった。

フェラーリ328GTSのエンジン画像はこちら

 加えて当時の日本の整備業者には、フェラーリを整備する技術や経験が乏しく、いじり壊していた部分もあったらしい。

画像ギャラリー


新着情報