最高落札価格は衝撃の「54億円超」のフェラーリ! 一般人には理解不能なオークションの世界とは (1/2ページ)

noteで書く
最高落札価格は衝撃の「54億円超」のフェラーリ! 一般人には理解不能なオークションの世界とは

この記事をまとめると

■オークション史上最高値がついたのは1962年式フェラーリ250GTOの4840万5000ドル

■フェラーリクラシケによる認証がフェラーリの価格高騰を招いている

■日本車で人気があり価格上昇しそうなのはトヨタ・ランドクルーザーシリーズ

常人では理解し難い価格が飛び交うオートオークション

 世界の各国で開催されているオートオークション。そこでは何億円、何十億円という驚異的な数字で取り引きされるモデルも多数ある。

 出品車が出品車であるだけに、これらを扱うオークショネア(オークションハウス)は、こちらも名門の誉れ高き一流の会社。一例をあげるのならば、かねてからオート・オークションでは有名だったRMオークションは、世界最古のオークショネアとされる、あのサザビーズからの買収案を受け入れ、現在ではRMオークションとして、常に大きな話題を世界に向けて発信している。

【関連記事】【お宝】もしも車庫に眠っていれば高値が付く超人気の中古車4選

RMサザビーズのオークション風景画像はこちら

 そのRMサザビーズから発信されたニュースのなかでも、近年特に大きな話題となったのは、2018年8月、アメリカ・カリフォルニア州ペブルビーチで開催された、「ペブルビーチ・オークション」で行われた、1962年式フェラーリ250GTOのオークションだった。

54億円超で落札されたフェラーリ250GTOのフロントスタイリング画像はこちら

 ちなみにその落札価格は4840万5000ドル(現在のレートで換算すると54億2136万円、以下同)。4年前には同じく1962年式の250GTOが、イギリスのボナムス社によって3811万5000ドル(42億6888万円)で落札されているから、オークションの世界におけるもっとも高価なクルマは、どうやらフェラーリの250GTOと考えてよさそうだ。

 ちなみにこの250GTOには、あくまでも未確認情報ではあるが、個人間売買では70億円以上で売買された例があるとの噂もある。

画像ギャラリー


新着情報