クルマ好きがメロメロになる圧巻の走り! 先代86&BRZの「即買い必至」な限定車3台 (1/2ページ)

クルマ好きがメロメロになる圧巻の走り! 先代86&BRZの「即買い必至」な限定車3台

この記事をまとめると

◼︎先代の86&BRZに設定された限定車を紹介

◼︎エンジンや足まわりなどに手が入った本格モデルが多い

◼︎限定100台といった少ないモデルが多いので見つけたら手に入れるべし

先代モデルに設定された激アツ限定車をプレイバック

 2.4リッターの新型GR86(ZN8)・BRZ(ZD8)の評判も上々ないまだからこそ、初代の86(ZN6)とBRZ(ZD6)の主な限定車をチェックしておこう。

1)86 GRMN

 2012年、初出場でニュルブルクリンク24時間を制し(クラス優勝)、翌2013年はクラス2位。2014年にもクラス優勝したTOYOTA GAZOO Racingが、ニュルで蓄積したノウハウを活かし、「究極の86」として送り出したのが、86GRMN。

【関連記事】ユーザーのためにもターボ化はなし! GR86&BRZがNAのまま排気量拡大でパワーアップを図ったワケ

86GRMN全体画像はこちら

 100台限定のコンプリートカーで648万円のプライスだったが、3000人以上がオーダー! レクサスLFAも手がけたトヨタの元町工場で生産されたが、手作業に近く、1日に2台しか作れなかった。

 ボディはトランク開口部への金属パネルによる補強や、トランク内のVブレース追加によりねじり剛性をベース車両の1.8倍にアップ。

86GRMNブレース画像はこちら

 前後異型の専用タイヤを履き、ブレーキもフロント6ポッド、リヤ4ポッドのモノブロック対向キャリパーで強化。サスペンションも専用チューンで、エアロもニュルのレースカーの流れを汲む本格派。エンジンも219馬力にパワーアップされ、軽量化も図られた。

86GRMN画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報