年度末セールは値引きが荒れる? ディーラーの初売りを回って感じた異変 (1/2ページ)

年度末セールは値引きが荒れる? ディーラーの初売りを回って感じた異変

この記事をまとめると

■新年の初売りセールはまずまずの賑わいを見せていた

■各ディーラーとも隠し球ももっている様子

■そうしたなかで年度末決算セールの値引きが荒れそうな雰囲気を掴んだ

初売りセールの活気は上々

 ある地域に絞り、1月3日と4日にかけ、いわゆる“初売りセール”をスタートさせた新車ディーラーの様子を見に行った。3日にはスズキ系の一部、4日には日産系、ホンダ系のいずれも一部、そしてダイハツ系が初売りセールをスタートさせていた。

【関連記事】「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

スズキディーラーのイメージ画像はこちら

 2021年の初売りセールについても、3日と4日に店を開けているディーラーをまわったのだが、どこも午前中の早い時間から多数のお客でにぎわっていた。なかには、セールスマン全員が接客中で、暗にほかの店へ行くように言われたところもあった。また、別のディーラーでは、週末のスーパーなどのように警備員が駐車場で交通整理までしていた。

ディーラーの接客イメージ画像はこちら

 2021年の正月といえば、みなさんも記憶に新しいと思うが、新型コロナウイルスの感染再爆発が起こり、帰省ラッシュもできない寂しい正月であった。遠出ができないひとたちが多かったこともあるのか、「それなら」ということで、新車ディーラーの初売りがコロナ禍でも盛り上がったものと考えている。

 それでは2022年の正月はどうかといえば、オミクロン株の動きは怪しいものの、強い行動自粛要請もなく、久しぶりに鉄道、飛行機、高速道路ともに帰省ラッシュで混みあった。そのため、新車ディーラーの初売りも2021年ほどのにぎわいはないものの、開店直後から真剣に新車購入商談をしているお客がどのディーラーでもいたのが印象的であった。

 ホンダ系ディーラーだけは、駐車場も満車で、店内も商談テーブルが満席となり、席が空くのを待つお客が多数いるという、“ランチ時のファミレス”のような状態で驚いたのだが、これはその店で新車を買ったりした、“管理顧客”向けに来場記念品との引き換えクーポン券の入ったダイレクトメールを送っていたため、多くの管理顧客が店に殺到したことが大きいようだ。しかし、ただ記念品だけもらって帰るというお客は少なく、新車購入のための商談を進めているお客が多かった。ダイレクトメールには、管理顧客向けに短期納車可能なお買い得車情報も掲載されており、これを目当てに商談を行っていたようである。

ホンダディーラーの看板画像はこちら

画像ギャラリー