新しいメルセデスAMG GT 4ドアクーペはアシが違う! マイナーチェンジしたGT 43とGT 53の予約受付を開始 (1/2ページ)

noteで書く
新しいメルセデスAMG GT 4ドアクーペはアシが違う! マイナーチェンジしたGT 43とGT 53の予約受付を開始

この記事をまとめると

■より制御が緻密に改良されたAMGライドコントロール+エアサスペンションを設定

■ジェスチャーでさまざまな操作を可能にしたMBUXインテリア・アシスタンスを装備

■運転に集中したまま操作が可能な最新世代AMGパフォーマンスステアリングを装備

新サスペンション設定でさらにハイパフォーマンスで快適に

 メルセデス・ベンツのドライビングパフォーマンスを体現するサブブランドとなったAMGは、メルセデスAMGとなって以降は、メルセデス・ベンツとして販売されるすべてのモデルのハイパフォーマンス版を手がけ、それだけではなく、自らが開発を主導したオリジナルモデルもリリースしている。その第一弾がスーパースポーツのGTであり、第2弾が4ドアスポーツクーペのGT 4ドアクーペだ。とりわけGT 4ドアクーペは、高いパフォーマンスと実用性を両立するモデルとして人気だ。

【関連記事】メルセデスじゃないのにAMGのバッジ! 意外なコラボで誕生したモデルとは? 

マイナーチェンジしたGT 43とGT 53の予約受付を開始画像はこちら

 そんなメルセデスAMG GT 4ドアクーペは、2021年にマイナーチェンジを受けており、ついに日本でも新しくなったGT 4ドアクーペの予約注文の受付が始まった。

 マイナーチェンジを受けたGT 4ドアクーペの最大の特徴は、GT 53に標準装備、GT 43にオプション装備されるAMGライドコントロール+エアサスペンションに、新たにダンパーの外側にふたつの圧力制御バルブが追加されたことだ。このバルブは、ひとつは伸び側のリバウンドダンピングを、もうひとつは縮み側のコンプレッションダンピングを制御するバルブとなる。これらバルブにより、リバウンドと収縮のステージをそれぞれ別個に制御することが可能となり、最小限推力と最大限推力の特性差が広がった。

マイナーチェンジしたGT 43とGT 53の予約受付を開始画像はこちら

 つまり、快適性を高める一方で、スポーティなドライビングダイナミクスも両立したということになる。

画像ギャラリー


新着情報