コンパクトなスポーツクーペが上陸! BMWより新型2シリーズ クーペが登場 (1/2ページ)

コンパクトなスポーツクーペが上陸! BMWより新型2シリーズ クーペが登場

この記事をまとめると

■BMWより新型の2シリーズクーペが登場

■「Alexa」などの音声操作が可能になるAIを搭載

■Mシリーズも同時販売される

セグメント唯一の後輪駆動コンセプトを採用

 BMWのラインアップの中でもコンパクトなモデルに分類される「2シリーズ」は、小さな車体からは想像もできないようなラグジュアリー感に溢れるモデルかつ、走りの面でも研ぎ澄まされたスペックを持った玄人好みな1台で、日本でも人気が高い。

【関連記事】もうクルマのボディカラー選びで迷う時代は終わる! BMWが発表した「白黒自在」に色を変えられる新技術とは

220i全体画像はこちら

 そんな2シリーズクーペが新型となって上陸を果たした。

 新型2シリーズクーペは、セグメント唯一の後輪駆動コンセプトを採用し、約50:50の理想的な前後重量配分によって極めてスポーティで俊敏なハンドリングを実現した本格的プレミアム・コンパクト・クーペとなっているのがトピックだ。

220i全体画像はこちら

 コンパクトな車体から、BMWのクルマ作りに対するスピリットが確実に感じられるはずだ。

 本モデルには、最高出力184馬力(135kW)/5000rpm、最大トルク300Nm/1350-4000rpmを発揮する高効率な2リッター直列4気筒BMWツインパワー・ターボ・ガソリン・エンジンを搭載し、ダイナミックな走りを実現する8速オートマチック・トランスミッションが組み合わされている。

M220iマフラー画像はこちら

 先代モデルと比較すると、さらなるパフォーマンス向上に向けて軽量化を行ないつつ、サスペンション取り付け部やアンダー・フレームを強化。また、高剛性ボディを採用することで、ロール剛性の強化、キレのあるスポーティなハンドリングに加え、衝突時の安全性能も向上しているという。

 また、アルミニウム材を、ボンネットだけではなくエンジン・キャリアやエンジン・キャリア接続部に用いることで、ボディ剛性の強化と軽量化もバランスよく達成。

220i走り画像はこちら

 そのほかに、先進の安全装備関係は標準装備とし、音声によってさまざまな車内環境の制御ができる、AIによる音声認識システムを採用。Amazonが提供するクラウドベースの音声サービス「Alexa」を搭載しているので、音声による音楽の再生やニュースなどの確認などなど、使い勝手の面でも大幅に進化している。

 価格は220iが508万円、220i M Sportが550万円となる。

画像ギャラリー


新着情報