ヨーロッパでバカ売れの商用車が日本に上陸! フィアット「デュカト」にブーム到来の予感しかない (1/2ページ)

ヨーロッパでバカ売れの商用車が日本に上陸! フィアット「デュカト」にブーム到来の予感しかない

この記事をまとめると

■フィアットプロフェッショナルの商用車となるフィアット・デュカトが日本に導入される

■もっとも小柄なモデルでも全⻑5413mm、全幅2050mm、全高2524mmとかなり大柄

■1981年のデビュー以来、欧州ではキャンピングカーのベースとしても人気

フィアットの新規導入車「デュカト」の正体は商用バン

 デュカトが正規輸入される。少し前から噂にはあったけれど、本当に実現するとは思わなかった。この目で確かめるべく、ひさしぶりに発表の場となったジャパンキャンピングカーショーに行ったほど。

「デュカトって何?」という人のために説明すると、FCAのなかで小型商用車を手がけるフィアットプロフェッショナルの主力車種だ。

【関連記事】いま軽トラ・軽1BOXが熱い! 商用車を乗用で乗るメリットとブーム到来の理由

フィアット・デュカトシリーズの集合カット画像はこちら

 フィアットは、昔は戦闘機や機関車も作っていたので、商用車も当然ながらあった。その中でデュカトは1981年デビューというキャリアを誇るだけでなく、2020・2021年と2年連続で欧州⼩型商⽤⾞のベストセラーになっている。

 興味深いのは、フランスのグループPSAとのジョイントベンチャーであること。フィアットとシトロエンは1970年前後に資本提携していた。オイルショックが原因でこの関係は解消し、シトロエンはプジョーと合併するのだが、小型商用車については関係が続いたのだ。

 当初はアルファロメオ版もあったようだが、さすがに消滅。現在はフィアットプロフェッショナルのほかシトロエン、プジョー、オペル、そしてダッジの商用車部門として独立したラムで販売されている。

ラム・プロマスターのフロントスタイリング画像はこちら
FCAとPSAが合併してステランティスを結成したのは2021年だが、小型商用車についてははるか前から共同作業が実現していたというわけだ。

画像ギャラリー


新着情報