マツダ初のPHEVの日本仕様公開は4月上旬予定! CX-60の欧州仕様モデルを初公開

マツダ初のPHEVの日本仕様公開は4月上旬予定! CX-60の欧州仕様モデルを初公開

この記事をまとめると

■マツダ・モーター・ヨーロッパが新型クロスオーバーSUVのCX-60を公開

■マツダ初のプラグインハイブリッドシステム「e-SKYACTIV PHEV」を搭載

■日本仕様のCX-60の公開は4月を予定している

直4+モーターの「e-SKYACTIV PHEV」を搭載

 2021年10月7日、『2022年以降のクロスオーバーSUV商品群の拡充計画』を発表したマツダ。この計画によると、マツダはCX-50、CX-60、CX-70、CX-80、そしてCX-90という5台のSUVを市場に投入する。すでにCX-50は、計画発表から1ヶ月ごとなる2021年11月に公開されているが、残念ながらこのモデルは日本への導入予定はない。こうなると気になるのは、日本で販売されることになるモデルだが、マツダはCX-60とCX-80の2台を予定しているそうだ。

 そんな日本に導入予定のあるマツダの新型SUVの2台のうち、小さい方のモデル、CX-60がヨーロッパで公開された。

 CX-60は、「走る歓び」と「環境・安全性能」を大幅に進化させたマツダのラージ商品群の第1弾だ。時代の要求に応える環境と安全性能を備えながら、日常の一般道走行から高速道路を使った長距離ドライブまで、余裕をもって運転を愉しめる2列シートのミッドサイズSUVとなっている。

【関連記事】怒濤のCX-○○を大量投入でFRもラインアップ! マツダがここにきて「SUV攻勢」を強化する理由とは

欧州仕様のマツダCX-60のインテリア画像はこちら

 また、マツダのデザインテーマ「魂動(こどう)-SOUL of MOTION」の進化にも挑戦しており、自然と調和する日本人の感性を活かしたタフさと緻密さを、その造形を通じて表現している。

 欧州仕様のCX-60は、2.5リッター直4ガソリンエンジンと電動モーターを組み合わせたマツダ初のプラグインハイブリッドシステム「e-SKYACTIV PHEV」を搭載したモデルとなっており、欧州各国で3月8日(現地時間)に受注を開始、今夏の発売を予定している。

 そしてマツダは、防府第2工場(山口県防府市)でCX-60の生産を3月11日から開始する予定だ。また、日本向けモデルについては、4月上旬に公開予定とのこと。

 エンジンのライアップやグレード構成、価格など、気になる日本仕様の続報を待ちたい。

画像ギャラリー


新着情報